Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

FFXIV、時々他のFFの記録

READ MORE

See more details

【FF14】厳格なる角尊の掟(白魔道士)

Comment  0
白魔道士LV68のクエスト。カストルム・オリエンスのシルフィーからオファーシルフィーは困っていた。母親のサンチェの病気が良くならない。そのためにガッディが不安定になって、たびたび妖異を引き寄せてしまうのだという。今は何とかシルフィーの力で追い払っては来たが。一緒に来て欲しいと頼まれる。狩人の山小屋に向かうエ・スミ・ヤンがいる。バレた!何の報告もなく、特殊な薬をシルフィーが取り寄せているので、怪しいと思...

READ MORE

See more details

【FF14】禍事を呼ぶ少女(白魔道士)

Comment  0
白魔道士LV65のクエスト。カストルム・オリエンスのシルフィーからオファー何度かガッディを見つけたが、逃げられてしまったという。だが精霊のざわめきをたどれば彼女の所に行かれると判明した。今も精霊のざわめきが聞こえる。ガッディを探しに行く事に。指定地点で見渡すある方角からざわめきが聞こえるという、そちらを探しに行く。指定地点で再度見渡す私が一緒だと精霊の声が聞き取りやすいという。聞こえる方へ移動する。指...

READ MORE

See more details

【FF14】禍事を呼ぶ少女(白魔道士)

Comment  0
イヤな気配の原因はまだ分からない。白魔道士LV63のクエスト。カストルム・オリエンスのシルフィーからオファー森を調べるのを手伝って欲しいと頼まれる。シルフィーと話すイヤな気配を感じた場所で、あの少女とまた会った。やはり気配の出所はあの少女。逃げた少女の後を追っていく。異様な雰囲気の少女を追う魔物に襲われている少女を助ける。少女は”おかあさん”に知らない人と話すと「さらわれて、檻に閉じ込められる」と言われ...

READ MORE

See more details

大隼で飛ぶ

Comment  0
大隼で飛ぶ爽快感!!!4.0の世界では、チョコボ屋ではなく大隼屋が移動手段となります。イシュガルドでは黒チョコボでしたが、ハヤブサなのです。英語だとFalconと表記されています。英語だとFalconと表記されています。...

READ MORE

See more details

【FF14】海賊衆の苦境

Comment  0
海賊衆にも帝国の締め付けが・・・タンスイからオファー通行料の相場が3倍に跳ね上がっていた。今の荒れた海では仕方ないとタンスイはいうが・・そこに手下が慌ててやって来る。何か起きたようだ。タンスイはソロバンの出した代金で今回はいいと言言い置き、急ぎ何処かへ行ってしまう。商談は成立したものの、戦いたくて仕方ないリセは「情報を知っておくべきだ」と建前を言い、野次馬根性で様子を見に行ってしまう。指定地点で見...

READ MORE

See more details

【FF14】水をかきわけて

Comment  0
な・・なんと!私だけ泳いで渡る事に!ソロバンからオファー安全に海を渡るには、海賊衆に通行料を払わねばならない。すぐ西にある「サカズキ島」まで払いにいく事に。私だけ泳いで渡る事に!他の人は船なのに・・・バシャバシャ・・・・・リセと話す脳筋娘も泳いでいました。あっさりと島を目指していく体力あるなぁ・・・・ソロバンと話す海賊衆の所へ行く。副頭領のタンスイを探す事に。タンスイを探すとクリア話すと「筋を通し...

READ MORE

See more details

【FF14】再会と旅立ち

Comment  0
ドマを目指して・・・ゴウセツからオファーひとまずウルダハ商館に戻る事にする。ウルダハ商館応接室に入るとイベントゴウセツと顔を合わせて慌てるギョドウ。ゴウセツとユウギリはヒエン様を探すために二手に分かれたのだという。ヒエン様はドマの国主一族の頭領、二人の仕える主君。反乱の際にユウギリにドマの民を託し、逃げる時間を稼ぐために戦っているうちに行方知れずになったという。現在の代理総督はヨツユという牝狐、よ...

READ MORE

See more details

士道に背きまじきこと

Comment  0
4.0実装、侍の初期装備。...

READ MORE

See more details

ガイウス閣下と黒薔薇

Comment  0
カストルム・オリエンスで発生する黒薔薇に関する一連のクエストは、ガレマール帝国軍第XIV軍団の軍団長ガイウス・ヴァン・バエサル閣下の人柄を伝えるエピソード。建物だけを残して生物を殲滅する化学兵器にまつわるクエスト。廃村で明らかになる非道な実験の事実。この恐るべき化学兵器の開発を停止したのは、ガイウス・ヴァン・バエサル閣下。彼は優れた軍人であり、その目的は帝国の繁栄と領土拡大であり、残虐な殺戮を好むよ...

READ MORE

See more details

急ぐ時はクロールで

Comment  0
クガネから島へ移動する時は、まだ飛べないのでバシャバシャ泳いでいくわけですが・・・スプリントをすると何と平泳ぎからクロールになるのです!!今までのんびりバシャバシャやっていたのが、豪快に水しぶきを上げながら早い早い!!今更何を言っていると言われそうですが、ずっと気が付いていませんでしたw...

READ MORE

See more details

【FF14】吐けよナマズ

Comment  0
ギョドウを締め上げて・・・リセからオファーそろそろギョドウが目を覚ます頃だ。話を聞こう。リセとアリゼーに脅されつつ、ギョドウに言うには、帝国兵にクガネでドマの民を見つけたら教えろ、そうしたらゼニをくれると言われた。密偵ではなく単なる密告者。アリゼーに「頭悪いから密偵は無理」的な辛辣な事を言われる。ゴウセツは帝国兵と乱闘になり、赤誠組に捕まって連行されたという。ハンコックは役人に袖の下を渡せば釈放に...

READ MORE

See more details

【FF14】ギョドウ現る!

Comment  0
脳筋女子を怒らせてはいけません。リセからオファー会いに行くべき人物はもうひとりいた。ギョドウというナマズに似た漁師だという。ギョドウと話す二人を大陸に渡したのは自分だというギョドウ。ギョドウは上機嫌、大金を手に入れたそうだ。船を出してくれるというが料金は高いらしい。一度戻ってアルフィノ達に相談する事に。ウルダハ商館応接室のアルフィノと話す船頭たちはゴウセツしか見ていない。ギョドウは二人を乗せたと言...

READ MORE

See more details

【FF14】ふたりの足取り

Comment  0
アルフィノの絵の才能が再び役に立つ?アルフィノからオファーハンコックに教えてもらっためぼしい場所を手分けして二人を探す事に。アルフィノの描いた似顔絵。隠れた絵の才能(?)が役に立ってます。リセと話すアルフィノの似顔絵をリセと一緒に見る。似てます、確かに。望海楼のカラクに尋ね人の人相書きを渡す人相書きを見せるが、ここに泊まったお客様の事は話せないという。それが格式というものらしい。潮風亭の女将コトカゼ...

READ MORE

See more details

シロガネ散策

Comment  0
新しいハウジングエリア「シロガネ」オリエンタルなのは確かです。京都の三年坂に台湾の九份(ジョウフン)を合わせたような景色だったり。外国人の考える日本に古今の香港とか台湾とかその他アジアな要素をぶち込みましたというか。懐かしいようで違和感があるような、日本人には落ち着くようなそうでないような不思議な空間になっています。これはこれで魅力的です。浮世絵にあるような帆掛け船が浮かんだ海が見えます。日本庭園風...

READ MORE

See more details

【FF14】嗚呼、憧れのシロガネ(ハウジングエリア)

Comment  0
4.0で実装されたオサード小大陸「ひんがしの国」にあるハウジングエリアへ移動可能になるLV61のクエスト。ツルバミからオファーいつもの冒険者居住区のクエストと同じ。一軒家を夢見る人物に、新しく出来た場所を見て来て欲しいと頼まれるので、行って担当の兵士と話して戻って来て報告するのみ。4.0時点では移動は出来てもハウスやアパルトマンを購入する事は出来ません。解放されたら争奪戦が凄いのでしょうね。...

READ MORE

See more details

【FF14】ウルダハ商館へようこそ

Comment  0
ロロリトとウルダハの思惑は・・?ハンコックからオファーいよいよウルダハ商館へ。ハンコックと話す暁のために部屋を提供してくれるという。警戒するアルフィノ、何を見返りに求められるか尋ねる。ロロリトからのお詫びだとハンコックは答える。戦勝祝賀会の一件で迷惑をかけたお詫びだという。そしてドマの反乱を手助けするのは、ウルダハにとって歓迎すべき事だからとも。というか、私達の到着を待っていたという事は、ドマの件...