Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Category: FF14 メインクエスト・紅蓮のリベレーター

READ MORE

See more details

【FF14】船酔い海賊

Comment  0
アフミからオファーアフミ姉御に新人の海賊と間違えられて、雑用を言いつけられます。英雄様って貫禄が全然ないから仕方ないかなw船酔いで苦しむ海賊の為に薬を取りに行く事に。アオクモと話す陸者の丸薬を受け取る。船酔いの海賊に陸者の丸薬を渡す仲間に馬鹿にされても、ここで生きていくしかない彼。海賊として。アフミに報告するとクリア船酔いした海賊は山育ちのドマの民だった。反乱の失敗で逃げ込んで来て、海が苦手だろう...

READ MORE

See more details

【FF14】砦に集いし無頼漢

Comment  0
ここは海賊衆の本拠地。アリゼーからオファーどうやら海賊衆の本拠地らしい。話が通じればいいが。筋違砦で知人を探す タンスイを見つけてと話す。頭領のラショウを紹介してくれるという。リセはレヴナンツトールで学んだ東方の礼儀を実践してみると張り切っているが・・不安でしかありませんよ。ラショウと話すリセのお辞儀で誠意は通じたようだ。先のドマの反乱で不干渉だった海賊衆が帝国軍を襲えば、ドマの反乱とは別だと思わ...

READ MORE

See more details

【FF14】オサード大陸にて

Comment  0
悪女ヨツユ登場!!!!ソロバンからオファー長い距離の移動なので、しっかりと準備をして集合する事に。海賊衆の雑兵と話すもう出航するのかと驚かれる。ソロバンと話す目指すは海岸沿いにあるイサリ村。アリゼーは海岸沿いの村の粛清を気にして、少し離れた場所に降ろして欲しいと頼む。ソロバンと話すこれでソロバンの役割は終わり。リセはドマ解放の始まりだなどど大きな事を言っている。勝手に言ってなさいという感じ。ノープラン...

READ MORE

See more details

【FF14】海賊衆の苦境

Comment  0
海賊衆にも帝国の締め付けが・・・タンスイからオファー通行料の相場が3倍に跳ね上がっていた。今の荒れた海では仕方ないとタンスイはいうが・・そこに手下が慌ててやって来る。何か起きたようだ。タンスイはソロバンの出した代金で今回はいいと言言い置き、急ぎ何処かへ行ってしまう。商談は成立したものの、戦いたくて仕方ないリセは「情報を知っておくべきだ」と建前を言い、野次馬根性で様子を見に行ってしまう。指定地点で見...

READ MORE

See more details

【FF14】水をかきわけて

Comment  0
な・・なんと!私だけ泳いで渡る事に!ソロバンからオファー安全に海を渡るには、海賊衆に通行料を払わねばならない。すぐ西にある「サカズキ島」まで払いにいく事に。私だけ泳いで渡る事に!他の人は船なのに・・・バシャバシャ・・・・・リセと話す脳筋娘も泳いでいました。あっさりと島を目指していく体力あるなぁ・・・・ソロバンと話す海賊衆の所へ行く。副頭領のタンスイを探す事に。タンスイを探すとクリア話すと「筋を通し...

READ MORE

See more details

【FF14】再会と旅立ち

Comment  0
ドマを目指して・・・ゴウセツからオファーひとまずウルダハ商館に戻る事にする。ウルダハ商館応接室に入るとイベントゴウセツと顔を合わせて慌てるギョドウ。ゴウセツとユウギリはヒエン様を探すために二手に分かれたのだという。ヒエン様はドマの国主一族の頭領、二人の仕える主君。反乱の際にユウギリにドマの民を託し、逃げる時間を稼ぐために戦っているうちに行方知れずになったという。現在の代理総督はヨツユという牝狐、よ...

READ MORE

See more details

【FF14】吐けよナマズ

Comment  0
ギョドウを締め上げて・・・リセからオファーそろそろギョドウが目を覚ます頃だ。話を聞こう。リセとアリゼーに脅されつつ、ギョドウに言うには、帝国兵にクガネでドマの民を見つけたら教えろ、そうしたらゼニをくれると言われた。密偵ではなく単なる密告者。アリゼーに「頭悪いから密偵は無理」的な辛辣な事を言われる。ゴウセツは帝国兵と乱闘になり、赤誠組に捕まって連行されたという。ハンコックは役人に袖の下を渡せば釈放に...

READ MORE

See more details

【FF14】ギョドウ現る!

Comment  0
脳筋女子を怒らせてはいけません。リセからオファー会いに行くべき人物はもうひとりいた。ギョドウというナマズに似た漁師だという。ギョドウと話す二人を大陸に渡したのは自分だというギョドウ。ギョドウは上機嫌、大金を手に入れたそうだ。船を出してくれるというが料金は高いらしい。一度戻ってアルフィノ達に相談する事に。ウルダハ商館応接室のアルフィノと話す船頭たちはゴウセツしか見ていない。ギョドウは二人を乗せたと言...

READ MORE

See more details

【FF14】ふたりの足取り

Comment  0
アルフィノの絵の才能が再び役に立つ?アルフィノからオファーハンコックに教えてもらっためぼしい場所を手分けして二人を探す事に。アルフィノの描いた似顔絵。隠れた絵の才能(?)が役に立ってます。リセと話すアルフィノの似顔絵をリセと一緒に見る。似てます、確かに。望海楼のカラクに尋ね人の人相書きを渡す人相書きを見せるが、ここに泊まったお客様の事は話せないという。それが格式というものらしい。潮風亭の女将コトカゼ...

READ MORE

See more details

【FF14】ウルダハ商館へようこそ

Comment  0
ロロリトとウルダハの思惑は・・?ハンコックからオファーいよいよウルダハ商館へ。ハンコックと話す暁のために部屋を提供してくれるという。警戒するアルフィノ、何を見返りに求められるか尋ねる。ロロリトからのお詫びだとハンコックは答える。戦勝祝賀会の一件で迷惑をかけたお詫びだという。そしてドマの反乱を手助けするのは、ウルダハにとって歓迎すべき事だからとも。というか、私達の到着を待っていたという事は、ドマの件...

READ MORE

See more details

【FF14】黄金を生む港街

Comment  0
クガネの街を歩きながら・・・ハンコックからオファー次はマーケットに案内してくれるという。ハンコックと話すクガネとはひんがしの国の古語で黄金の事。そしてここは小金通り。小金という言葉に反応したタタルさん、ハンコックと意気投合した模様。そこに大男がやって来る。小金通りの顔役でハクウチ家のケイテンという男。ハンコックと話すこの先は異人街。ウルダハの商人も住むしガレマール帝国の大使館もある。言動に気を付け...

READ MORE

See more details

【FF14】大洋を征く(漂流海域セイレーン海)

Comment  0
船出、ミゼリー号で東方へ・・・レヴナンツトールのリセからオファー情報も集まったのでリムサ・ロミンサのフェリードックへ向かう。リムサ・ロミンサのアルフィノと話すクガネまでの旅は長い。その間に得たドマの情報を話す事になる。百鬼夜行の甲板員と話すウリエンジェが見送りにやって来る。いつものように難解な詩と、アリゼーに彼女のエーテルに波長を合わせた細剣を持って来る。エオルゼアの地に、しばしの別れを。順調に見...

READ MORE

See more details

【FF14】ドマの語り部たち

Comment  0
まずは東方の情報収集を・・アルフィノからオファーまずは長旅の準備をしないとならない。みんなで役割を分担して準備をする事に。リセと私はレヴナンツトールにいるドマの民から故郷についての情報を集める事になる。レヴナンツトールのリセと話す手分けして情報を集める。私の担当は石の家にいるドマの人々。石の家で情報を集める 0/3ドマは東州オサード小大陸の内陸部、大河「無二江(むこうに)」流れるヤンサの地を治める国。...

READ MORE

See more details

【FF14】船主との取引

Comment  0
タタルさんを甘く見てはいけません。アリゼーからオファー東方へ行くには船が必要。伝手を求めてリムサ・ロミンサへ行く事に。リムサ・ロミンサのアルフィノと話すタタルさんが船を貸してくれる船主を連れて来てくれるという。タタルさんが連れて来たのは「百鬼夜行」のカルヴァラン。あの一風変わった海賊。黒渦団の船を借りるとエオルゼア同盟軍がドマに干渉すると思われる危険性があるためだとアルフィノは説明するが。海賊と取...

READ MORE

See more details

【FF14】その声に押されて

Comment  0
ここで止めてなるものか、仲間の死を無駄死にするものか。コンラッドからオファーベロジナ大橋の襲撃どころではなくなってしまった。このタイミングでの拠点の襲撃、フォルドラの策はこれで終わりだろうか、まだ何か裏がありそうな気もするが。ラウバーンと話すアルフィノも何故今だったのかに引っかかっている様子。今なら解放軍を全滅させられるのにしない。ゼノスは馬鹿には思えない、何かあるとラウバーンも思っている。ひとま...

READ MORE

See more details

【FF14】負傷者搬送

Comment  0
嘆く暇はない。今はひとつでも多くの命を救わねば。ピピンよりオファー帝国軍は撤退したものの、この拠点はもはや安全とは言えない。せめて負傷者だけでもカストルム・オリエンスへ移送させるべきだとピピンはいう。移送中の容態急変に備えて錬金術をもらって来て欲しいと頼まれる。オレラと話すオレラは手が離せない。院内にある薬を探して持って行って欲しいと言われる。応急処置の錬金薬を入手 0/3病院内、それほど難しくない。...