Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Category: FF14 メインクエスト・紅蓮のリベレーター

READ MORE

See more details

【FF14】紅蓮のリベレーター

Comment  0
目指すは王宮内のゼノス・イェー・ガルヴァス!!!ピピンからオファー進め!アタミゴ都市内を制圧せよ!コンテンツ開放 紅蓮決戦アラミゴ紅蓮決戦アラミゴ第1ボス:ガードスコーピオンターゲットサーチ 追尾型のターゲットが追いかけてくる。回り込んで回避。第2ボス:アウルス・マル・アシナ「クックックッ」でお馴染みのマッドサイエンティスト。ブレインジャック 幽体離脱状態になる。デスクローを避けつつ身体に戻る。ラスボ...

READ MORE

See more details

【FF14】アラミゴ正門の攻防

Comment  0
駆け付ける援軍と新たなる援軍と・・ラウバーンからオファーピピンに包みを渡して欲しいと頼まれる。ピピンに重い包みを渡す中から出て来たのはティソーナ。ラウバーン局長の愛用する二剣一対の炎の魔力を宿した呪剣。失った片腕の代わりになれという義父の思いをピピンはしっかりと受け止める。伝令がやって来る。妙な事に帝国から少数部隊が出撃したという。それも人狼部隊。こちらも少数精鋭を送り込もうと張り切るピピンにアル...

READ MORE

See more details

【FF14】自由への進軍

Comment  0
ゼノスの待ち受ける王宮へ!!アルフィノからオファー次の目標は王宮。フォルドラの言葉も気になるが。ひとまずポルタ・プレトリアへ。アレンヴァルドと話す最後の決戦、誰も士気が高い。アレンヴァルド、アルフィノと歳が近かったのね。マッチョとチビガリ君の見た目で同い歳とは思えなかった。ラウバーンと話すゼノスが手にした蛮神を超える力。ラウバーンもオメガの事ではないかと思ったようだ。クルル先輩があの施設で耳にした...

READ MORE

See more details

【FF14】ウリエンジェの秘策

Comment  0
属州のアラミゴ人として生まれた宿命、同胞の敵となっても叶えたかった願い・・リセからオファー潜入部隊はサンクレッド、リセ、私。リセと私は紅玉海で受けた「おまじない」で水中は自由に動ける。サンクレッドは潜水の名手。「アルフィノは泳げない」がまたここでネタにwリセと話すウリエンジェがやって来る。フォルドラの動きは魔術的な物、封じる策があると。ウリエンジェはエーテルジャマーを持参、ムーンブリダの遺品に彼が...

READ MORE

See more details

【FF14】若者との再会

Comment  0
アラミゴの青年が文字通り鍵を握る作戦。アンタ誰的なのはさて置き・・この手のNPCの活用はイイかも。アルフィノからオファー決戦の前にクルル先輩を助けたいが監禁場所が不明。サンクレッドが現れる。クルル先輩の居場所が判明したと。アラミゴ都市内の南の居住区、ラールガー星教の聖堂を改装した研究施設。サンクレッドがマッドサイエンティストとゼノスを盗み見ていたあそこですね。クルル先輩は、魔法が仕えないガレアン族に...

READ MORE

See more details

【FF14】塩の湖畔地帯

Comment  0
エオルゼア同盟軍集結、「ラールガーの軍星」の最終段階が始まる。リセからオファーアルフィノを呼んで来て欲しいと頼まれる。アルフィノと話すアリゼーはここで療養、ウリエンジェが後で来てくれるそうだ。我々は前線に戻る。カストルム・アバニアへと向かう。ピピンと話すクルル先輩は城塞都市アラミゴ内に護送されたらしい。湖畔地帯へのルートも確保、解放軍とともに向かう事に。ギラバニア湖畔地帯へ向かう軍議が始まる。三国...

READ MORE

See more details

【FF14】拳交えて

Comment  0
これからの戦いに向けて・・リセからオファーアリゼーが安定しているなら、ラールガーズリーチの野戦病院に移送しようという。ラールガーズリーチのオレラと話すオレラがアリゼーのためにベッドを手配してくれる。「しっかり働いてきなさいよ」兄を叱咤する妹。兄は憎まれ口を叩ける位には元気になった妹に安堵。色々と衝突もあるけれど、双子の兄妹の絆は失われる事はなさそう。指定地点で待機リセ、お着換え。あのOPを自分のキャ...

READ MORE

See more details

【FF14】自由か死か

Comment  0
暴君を倒して戦いに勝利しても、得られるのは「自由」だけ。それでも人々は何かを変えられると信じていた。ラウバーンからオファーリセを交えて話がしたいという。ラウバーンの生家の前で、彼は時分の半生を語る。貧しい暮らしだった。村全体がそうだった。アラミゴ軍の雇われ兵士になったラウバーンは知恵を絞り魔導兵器を撃破した。そのおかげで「戦場の演出家」と呼ばれるようになった。私はラウバーンの過去を超える力で見てし...

READ MORE

See more details

【FF14】ラウバーンの一計

Comment  0
ラウバーン局長の生まれ故郷へ。アラミゴの影をまた見る。ラウバーンからオファーラウバーンは狩猟祭に応じるという。だがその前に見せたい場所があるという。ラウバーンと話すとクリア歓迎してくれる。するとここはラウバーンの・・・...

READ MORE

See more details

【FF14】カストルム・アバニア潜入作戦

Comment  0
カストルム・アバニア制圧と属州に生まれた苦悩と。アルフィノからオファー侵入ルートと管制室の位置はわかった。私の役目は冒険者を連れて行って「あばれる」。他は陽動、解放軍は戦力を温存しつつ進軍、管制室を押さえたら、本隊突入の作戦。指定地点で見渡し、敵が現れたら討伐スターク・ウォードと話す敵がいるので進めない。排除を頼まれる。指定地点で見渡し、敵が現れたら討伐敵は2体、倒す。指定地点で見渡す排気ダクトか...

READ MORE

See more details

【FF14】心に勇気を

Comment  0
蔑まれても、アラミゴの為に耐えるのが役目。リセからオファー諜報員を探そう。ローエンガルデ族の女性と話す合言葉「ゆうき」を言おう。女性はここでは話せないと場所を指定して来る。ローエンガルデ族の女性と話すとクリアカノン砲を破壊したのは、単独の侵入者(まだエスティニアンの事だと皆は知らない)。それ以上の事はわからないが、基地の見取り図と侵入ルートは調べてあるという。...

READ MORE

See more details

【FF14】魂を売った村

Comment  0
帝国の占領下で生き抜くには、辛くても選ばねばならぬ道もあるのに。アルフィノからオファーラジアタの村人は生活のためにスペキュラ・インペトリスやカストルム・アバニアで働いている。それをアラミゴ解放軍は「帝国に魂を売った村」と蔑んでいるそうだ。ここでも同族嫌悪。アラミゴの内部も闇が深い。「自分達こそ正義」と思い込んだ人間の傲慢は、実は彼らの憎む帝国と根本は同じなのだと気づかない。解放軍の限界を示している...

READ MORE

See more details

【FF14】次なる一手は・・・

Comment  0
次の作戦は管制室を占拠、合言葉は「ゆうき」。リセからオファーアラギリへ戻ろう。ラウバーンと話すカノン砲に何かあったのは確実。ピピンが管制室を占拠する作戦を提案する。カノン砲が修理出来ても、管制室が使えなければ意味はない。近隣にあるラジアタという集落に、ピピンが潜入させた諜報員がいるという。彼らと接触して、管制室への侵入ルートを確保する作戦。リセは土地勘のあるアラミゴ解放軍にまかせて欲しいという。「...

READ MORE

See more details

【FF14】箱舟からの眺め

Comment  0
敵陣に何が起きたのか、偵察へと赴く。リセからオファーニュンクレフの箱船というカストルム・アバニアの偵察に最適の場所があるという。指定地点で待機し、敵が現れたら討伐適正レベルなら特に苦労はしない敵。指定地点で待機リセと崖に登る。ニュンクレフの箱船とは、第六霊災の時、人々を大洪水から救うために作られた伝説の船。箱舟は荒れ狂う海からこの山中まで魔法で転移したといわれている。カノン砲のあたりから煙が上がっ...

READ MORE

See more details

【FF14】悲しみと痛み噛みしめて

Comment  0
失ったものは大きいが、次へ進まなくてはならない。アルフィノからオファーラウバーン局長達と今後の事を協議しなければ。ラウバーンと話すコンラッドの意志を継いで、作戦は続行。ピピンはカノン砲をその後撃って来なかった事を疑問に思ったようだ。彼らはまだエスティニアンの事は知らない。アルフィノも何か起きたと考えている。アタシひとりで見て来る!とさっそくしゃしゃり出るリセ。えーと、コンラッドに解放軍を託されたよ...

READ MORE

See more details

【FF14】悲しみの退路

Comment  0
悲しむのは後、アラギリで態勢を立て直そう。アルフィノからオファー熱くなった自分を反省するアルフィノ。頭は良くてもまだまだ子供、取り乱しても仕方がない。アリゼーを探して欲しいと頼まれる。アリゼーと話すコンラッド隊長の訃報を聞いて残念がるアリゼー。アラギリのアルフィノと話すとクリアコンラッドの亡骸も無事にアラギリへと運ぶ事が出来た。コンラッド隊長の悲願だったアラミゴ奪還をなんとしても成し遂げたいとアル...