Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Archive: 2017年06月

READ MORE

See more details

【FF14】大海原に泳ぎだせ!

Comment  0
ヤサカニノマガタマを探しに・・ソロバンからオファー村の北西の泡が薄くなっている所で待ち合わせる。アリゼーと話す海中で動けるようにソロバンにまじないをかけてもらう。「アルフィノは泳げない」を強調するアリゼーwアルフィノは泳げないけど、アリゼーは得意だそうだ。海中でも陸地と同じに息が出来る。ヒトの体は水を捕まえにくそうなのでと、ソロバンが仲良しの海獣を紹介してくれる。マウントのシマエイを借りた。降りて...

READ MORE

See more details

【FF14】碧甲羅と八百万の神

Comment  0
碧甲羅の一族から信頼されるためには・・・ソロバンからオファー長老を紹介してもらう事に。彼らは最初に物に宿る。それから卵に入って生まれて来る。その名前は最初に宿ったものに由来するらしい。ブンチンと話すコウジン族は神を祀る一族。宝物を集めるのも物に宿る神をあがめる為。紅甲羅は宝を手っ取り早く集めるために、神を信じない帝国軍に神の事は隠して、協力すると言っているらしい。そんな嘘はバチがあたると長老は言う...

READ MORE

See more details

【FF14】ああ美しき玉水

Comment  0
そこは、大きな泡の中の美しい世界。ラショウからオファー海賊衆は静観するといいながら、ヒントはくれるラショウ。紅甲羅を倒す策は同じコウジン族の碧甲羅なら持っているかも知れないと碧甲羅の集落が南東のベッコウ島にあるのを教えてくれる。話している間にリセがいなくなってしまう。また我慢できずに突っ走っているのだろうか。探しに行かねば。リセを探すリセはちょっと落ち込んだ雰囲気。リセはアリゼーが色々と考えていて...

READ MORE

See more details

【FF14】打ち寄せる波瀾

Comment  0
何とか海賊に存在を認めさせねば・・ヒラセからオファー猛るトビザメの駆除を頼まれる指定地点に腐りかけた雑魚を使い猛るトビザメを討伐2か所は他の雑魚も多いないので難しくはない。生真面目な海賊を探す敵に襲われているので助ける。生真面目な海賊を救出するコウジン族は出身を聞き、ドマだというとヨツユの命令で連行すると言ったそうだ。アリゼーに報告二人とも海賊に戦闘力を見せつけて来たらしい。ドマ出身の海賊の件を聞...

READ MORE

See more details

【FF14】御霊の出航

Comment  0
海に抱かれて眠るものたち・・アラナミからオファー新入りの海賊を探して欲しいと頼まれる。指定地点で見渡す幾つか調べると岩陰に人物を発見する。新入りの海賊と話す弔いの船が戻って来ていないか見ていたという。遺体を船で流すのが習慣だが、未練がある者は戻って来てしまうという言い伝えがあるらしい。アラナミと話すとクリア無口な新入りの仲間を思いやる心意気。立派に海賊のそれだと、アラナミも安心したようだ。...

READ MORE

See more details

【FF14】あれもこれも糧

Comment  0
リサイクルしよう!カジカからオファー若いギュウキの遺体から矢を抜いて、ついで尾肉も持って来て欲しいと頼まれる。そばによると仲間が襲って来るそうだ。こいつかーー!!上陸した時に遺体を放置していった奴は?ギュウキの死骸を探し、妨害を退ける出現した敵を倒して死骸を調べてアイテムを入手カジカに渡すとクリア腕が立つと解ってもらえたようだ。...

READ MORE

See more details

【FF14】船酔い海賊

Comment  0
アフミからオファーアフミ姉御に新人の海賊と間違えられて、雑用を言いつけられます。英雄様って貫禄が全然ないから仕方ないかなw船酔いで苦しむ海賊の為に薬を取りに行く事に。アオクモと話す陸者の丸薬を受け取る。船酔いの海賊に陸者の丸薬を渡す仲間に馬鹿にされても、ここで生きていくしかない彼。海賊として。アフミに報告するとクリア船酔いした海賊は山育ちのドマの民だった。反乱の失敗で逃げ込んで来て、海が苦手だろう...

READ MORE

See more details

【FF14】砦に集いし無頼漢

Comment  0
ここは海賊衆の本拠地。アリゼーからオファーどうやら海賊衆の本拠地らしい。話が通じればいいが。筋違砦で知人を探す タンスイを見つけてと話す。頭領のラショウを紹介してくれるという。リセはレヴナンツトールで学んだ東方の礼儀を実践してみると張り切っているが・・不安でしかありませんよ。ラショウと話すリセのお辞儀で誠意は通じたようだ。先のドマの反乱で不干渉だった海賊衆が帝国軍を襲えば、ドマの反乱とは別だと思わ...

READ MORE

See more details

【FF14】オサード大陸にて

Comment  0
悪女ヨツユ登場!!!!ソロバンからオファー長い距離の移動なので、しっかりと準備をして集合する事に。海賊衆の雑兵と話すもう出航するのかと驚かれる。ソロバンと話す目指すは海岸沿いにあるイサリ村。アリゼーは海岸沿いの村の粛清を気にして、少し離れた場所に降ろして欲しいと頼む。ソロバンと話すこれでソロバンの役割は終わり。リセはドマ解放の始まりだなどど大きな事を言っている。勝手に言ってなさいという感じ。ノープラン...

READ MORE

See more details

【FF14】厳格なる角尊の掟(白魔道士)

Comment  0
白魔道士LV68のクエスト。カストルム・オリエンスのシルフィーからオファーシルフィーは困っていた。母親のサンチェの病気が良くならない。そのためにガッディが不安定になって、たびたび妖異を引き寄せてしまうのだという。今は何とかシルフィーの力で追い払っては来たが。一緒に来て欲しいと頼まれる。狩人の山小屋に向かうエ・スミ・ヤンがいる。バレた!何の報告もなく、特殊な薬をシルフィーが取り寄せているので、怪しいと思...

READ MORE

See more details

【FF14】禍事を呼ぶ少女(白魔道士)

Comment  0
白魔道士LV65のクエスト。カストルム・オリエンスのシルフィーからオファー何度かガッディを見つけたが、逃げられてしまったという。だが精霊のざわめきをたどれば彼女の所に行かれると判明した。今も精霊のざわめきが聞こえる。ガッディを探しに行く事に。指定地点で見渡すある方角からざわめきが聞こえるという、そちらを探しに行く。指定地点で再度見渡す私が一緒だと精霊の声が聞き取りやすいという。聞こえる方へ移動する。指...

READ MORE

See more details

【FF14】禍事を呼ぶ少女(白魔道士)

Comment  0
イヤな気配の原因はまだ分からない。白魔道士LV63のクエスト。カストルム・オリエンスのシルフィーからオファー森を調べるのを手伝って欲しいと頼まれる。シルフィーと話すイヤな気配を感じた場所で、あの少女とまた会った。やはり気配の出所はあの少女。逃げた少女の後を追っていく。異様な雰囲気の少女を追う魔物に襲われている少女を助ける。少女は”おかあさん”に知らない人と話すと「さらわれて、檻に閉じ込められる」と言われ...

READ MORE

See more details

大隼で飛ぶ

Comment  0
大隼で飛ぶ爽快感!!!4.0の世界では、チョコボ屋ではなく大隼屋が移動手段となります。イシュガルドでは黒チョコボでしたが、ハヤブサなのです。英語だとFalconと表記されています。英語だとFalconと表記されています。...

READ MORE

See more details

【FF14】海賊衆の苦境

Comment  0
海賊衆にも帝国の締め付けが・・・タンスイからオファー通行料の相場が3倍に跳ね上がっていた。今の荒れた海では仕方ないとタンスイはいうが・・そこに手下が慌ててやって来る。何か起きたようだ。タンスイはソロバンの出した代金で今回はいいと言言い置き、急ぎ何処かへ行ってしまう。商談は成立したものの、戦いたくて仕方ないリセは「情報を知っておくべきだ」と建前を言い、野次馬根性で様子を見に行ってしまう。指定地点で見...

READ MORE

See more details

【FF14】水をかきわけて

Comment  0
な・・なんと!私だけ泳いで渡る事に!ソロバンからオファー安全に海を渡るには、海賊衆に通行料を払わねばならない。すぐ西にある「サカズキ島」まで払いにいく事に。私だけ泳いで渡る事に!他の人は船なのに・・・バシャバシャ・・・・・リセと話す脳筋娘も泳いでいました。あっさりと島を目指していく体力あるなぁ・・・・ソロバンと話す海賊衆の所へ行く。副頭領のタンスイを探す事に。タンスイを探すとクリア話すと「筋を通し...

READ MORE

See more details

【FF14】再会と旅立ち

Comment  0
ドマを目指して・・・ゴウセツからオファーひとまずウルダハ商館に戻る事にする。ウルダハ商館応接室に入るとイベントゴウセツと顔を合わせて慌てるギョドウ。ゴウセツとユウギリはヒエン様を探すために二手に分かれたのだという。ヒエン様はドマの国主一族の頭領、二人の仕える主君。反乱の際にユウギリにドマの民を託し、逃げる時間を稼ぐために戦っているうちに行方知れずになったという。現在の代理総督はヨツユという牝狐、よ...