Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】新たな蛮神を追って

FF14

教皇座乗艇「ソレイユ号」がアバラシア雲海で目撃された。魔大陸はそこに?

FF14

イシュガルド:下層 神殿騎士団本部(X:13 Y:11)ルキアからオファー

「キャンプ・クラウドトップ」を管轄するラニエットからソレイユ号目撃情報が寄せられた。教皇の飛空挺はアインハルト家が駐屯していないバヌバヌ族の勢力の強い地域へ向かったらしい。シドにエンタープライズ号を出してもらえないか、頼みに行く事に。

FF14

イシュガルド:下層 スカイスチール機工房(X:8 Y:10)シドと話すとクリア

いつも通り、陽気に迎えてくれるシド。

私達の活躍を賞賛してくれる。だがアルフィノは作戦の途中で大切な仲間を失った事、新たな蛮神問題が起きた事を浮かぬ顔で告げる。そのためにエンタープライズ号を借りに来た事も。

FF14

シドはまだオルシュファンの死を知らなかった。軽口を叩いた事を後悔するシド。でもそれはシドのせいではない。彼は私達を歓迎してくれただけだから。

FF14

アシエンが関与していると聞き、ガイウスの事を思い出すシド。かつてアシエンはガイウスに古代アラグ帝国が作り上げた対蛮神兵器「アルテマウェポン」の知識を授けた。ガイウスは自分の理想のためにその力を使ったが、結果はアシエンの望んだ通り、エオルゼアに混沌をもたらした。教皇が魔大陸で何を探しているにせよ、エオルゼアにとって危険なものの可能性がある。放置してはおけない。

FF14

いざ!アバラシア雲海へ!!!

にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


Category - FF14 メインクエスト・蒼天のイシュガルド

FF14 エオルゼア チョコボ 新生エオルゼア ファイナルファンタジー FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV FFXIV 新生FFXIV

0 Comments

Post a comment