Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】神学生の聖戦(聖アンダリム神学院記)

FF14

保身しか考えない聖職者とは名ばかりの人々、それに媚びへつらい未来の甘い汁を得ようとする若者達。学院の膿を出さねば、正常な状態には戻せないとしても、それを望まぬものが権力を持っていたとしたら・・・果たして謎の影の言う「聖戦」の意味とは?

FF14

聖アンダリム神学院のブリュヴァニョン副学長からオファー

え・・?学内の貴族と平民の対立を沈静化して欲しい?それって教師であるアンタ達がやるべき事じゃないの???と呆れてものが言えない展開に。まあ、今までのぬるま湯で腐り切った人材では、解決出来ないという事なのかも知れないけれど、危機感なさ過ぎませんか?

神学院を出た後のコースは、教皇庁のエリートとなるか一介の修道士となるか。成績優秀な3名しかエリートにはなれない。ゼーメル家の屑が「点数稼ぎ」と言ったのは、このあたりの事情があるとか。

エルヴィアヌ学院長と話して欲しいと言われる。前教皇の就任前から学院長を務められる厳格な方だそうだ。礼儀には厳しいがイジメには無関心・・すべての元凶のような予感w

FF14

学院は外部と内部の両方から蝕まれているというブリアルディアン

FF14

叔父と甥でメガネ、クイ!は、欝な展開の中に数少ない笑いを誘おうとするネタなのでしょうw

エルヴィアヌ学院長が伝統を重んじる旧保守派であれば、今の状況は面白くないはずだと推察するブリアルディアン。このあたりはさすが事件屋。

FF14

神学院の助祭と話す

学院長の部屋へと通してくれます。

FF14

エルヴィアヌ学院長は怖そうなオバサンですが、上に立つ人間として何が大事かを考える知恵は多少持っている様子。ですが、今までの教えが嘘っぱちだから奉仕活動で・・といっても、奉仕の精神の意味すら教えられない学院が、そんな事をやらせて何か意味があるのですか?学院長?と問いたい案件。

FF14

やはり対立を裏で煽っている人物がいる様子。それを調べて欲しいと。

FF14

ブリアルディアンと話す

先程の横柄なアルションバダンは、主席で学生寮の長もしているそうだ。貴族の中心的人物だという。彼に聞けばいいいう教師。教員は生徒の事を把握しておらず、逃げ腰の丸投げ。これでは生徒が増長はするしイジメもやり放題だよね(ため息)

FF14

聖アンダリム神学院のアルションバダンと話す

腰ぎんちゃくはルブラソワール。ゼーメル家の遠縁だという。アルションバダンからは私が余計なことをしたと言われる。やはりw

なんと彼は自分が指導者になるのが学園平定のためだと、自分に点数が集まるように他の学生に圧力をかけていた。本人はそれが当然と思っているらしい。さすが中身は下種なゼーメルらしい思考法。

FF14

イシュガルド上層 クラムヴォワと話す

何か・・女の子にモテモテなんですけどwエマネラン的な軽い奴。でも正教法大全11巻の事等、単なる馬鹿ではなさそう。11巻に記されている「神の下での、人の平等」今回の事件の鍵のひとつかも?

FF14

イシュガルド上層:宝杖通りのテオモサンと話す

どんなに平民の神学生を復学させた所で、すべてアルションバダンが自分の点数にしてしまう。上位3名が貴族で独占されれば、また正教は昔に戻ってしまうのを危惧するレイ。テオは正論でひたすら進もうとする。そんなテオを守ろうとするレイ。

FF14

聖アンダリム神学院のブリアルディアンと話すとクリア

復学促進運動の結果が発表される。

FF14

クラムヴォワが復学させたはずの女子ウラーがいない事になっている。

FF14

意見をするが、ガエテルは取り合わない。

FF14

アルションバダンのクラムヴォワの父親への暴言も注意しない。やっぱりダメ教師がイジメを蔓延させる典型。

FF14

クラムヴォワはさる貴族の六男。だが浮ついた態度は仮初のような気配。「11巻」の存在について、何故アルションバダン達もこだわるのか・・おそらく「平等」が困るのか。

FF14

ブリアルディアンもそれを考えている。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

Category - FF14 サブストーリークエスト

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジー FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment