Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】和平への期待

FF14

長き戦争の終結への安堵と変化に戸惑う人々と・・

FF14

ファルコンネストのルキアからオファー

ルキアから街中を散策して来るように勧められる。警備の補佐にアルトアレールとエマネランも来ているそうだ。

FF14

ファルコンネストの人々と話す 

レッドワルド

ヴィゾーヴニルが皇都へ来る途中で危害を加える者がいないか心配している。特に聖フィネア連隊はあくまでもドラゴン族は敵と見なして、戦いをやめるつもりはないらしい。

FF14

平民らしき男

式典が見たくてやって来たのだという。アイメリク総長の手際の良さを賞賛している。アイメリクは平民達にも新しい制度や仕事の不安についても丁寧に説明しているらしい。ここまで見物に来る位だから、平民といっても貧困層ではなく、比較的裕福なのでしょう。

FF14

ロス

異端者との敵対がなくなって工事の妨害がされずに済むのがうれしいというロス。工事の責任者としては重要な事ですよね。お偉方も異端者との和解を進めているという。お互いの過去を水に流して上手くやっていきたいと願っている。

FF14

アルトアレールと話すとクリア

占拠された教皇庁での戦いを思い出すというアルトアレール。あの時果せなかった竜と人との交流を再開する宣言がこうしてあらためて行われる事に感慨深げ。

FF14

この和平への道の途中、彼も弟をなくているし。オルシュファン・・やっぱり兄弟ですね、面影が。

FF14

ルキアがアルトアレールに相談しにやって来る。心配した通り、聖フィネア連隊の一部が竜との交戦をやめようとしないのだという。彼らにしてみれば、ドラゴン族との戦争が終了すれば、存在意義も生きがいも出世の手段も失うわけだから、固執するしかないのだろうが。平和になっては困るのだ。彼らは責任者との話し合いを要求している。アルトアレールにその任をまかせたいというルキア。アルトアレールは承諾する。

FF14

アルトアレールが頼みたい事があるという。エマネランの事だ。兄の目がなくなれば、またサボり出すかも知れないので、見て欲しいというのだ。相変わらずいい加減な態度のままらしい。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


Category - FF14 メインクエスト・運命の歯車

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジー FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment