Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】償うべきは

FF14

暴動の影で踏みにじられた小さな忠誠心・・・エマネランとオノロワにも声がついたです、はい。

FF14

ファルコンネストのサンクレッドよりオファー

戻って来たルキア達にサンクレッドと共に街で見聞きした事を報告に行く事になる。

FF14

ルキアと話す

一部は捕縛したものの、反乱者の大半は騎兵との戦闘で死亡、もしくは自害したという。首謀者の女は重傷ではあるが一命は取り留めた。幸いな事に市民に大きな被害は出ていない。

FF14

暴動に加担し、アルトアレールを外へおびき出した連中も捕縛された。

FF14

アイメリクの変革が正しいとルキアもアルトアレールも思っているが、今回の暴動はイシュガルドの変革に反対する者も少なくない証拠でもある。まだまだ市民には変革の意味が十分に理解されていない。問題の根は深い。

FF14

騒ぎを大きくする原因を作ってしまったエマネランは落ち込んでいる。アルトアレールはアイメリクへの報告に皇都へ戻る事になる。エマネランにも一緒に戻るようにいうが・・・エマネランを気遣っているのではなく、失態の挽回もせずに不抜けたままでは邪魔だという兄。騎兵達の士気にも関わるという事なのだろう。

その時、オノロワがいない事にサンクレッドが気付く。エマネランは気にもしていなかった。

FF14

オノロワを探す(X:32 Y:39)

傷だらけで倒れているオノロワを発見。

FF14

驚くエマネラン。

FF14

こんな時でも、自分よりエマネランの身を気遣うオノロワ、良く出来た子。

オノロワは、式典に来た客が怒って帰ろうとしたのを止ようとして、激怒した彼らに暴行を受けた。子供に暴行を加える客も客だが、それが人間の本性、クーデターやテロ自体が人間のそういう部分に漬け込む行為。それをも「自分の頼み方が悪かった」というオノロワ。エマネランにはもったいなさすぎる。

FF14

意識を失うオノロワ、さすがのエマネランも反省したかと思いきや・・・・

FF14

口から出て来たのは、自分の運の悪さと他人への依存心と依頼心ばかり・・・・

FF14

何でも他人のせいにするエマネランに、サンクレッドが苦言を・・・・誰かに生き方を委ねた、その結果は自分に返って来ると。そうですよね、”暁”の言いなりになってしまったばかりに、苦労が耐えないですよね、私(オイw

FF14

サンクレッドに殴りかかるエマネラン。

FF14

「オマエに何がわかる!英雄の一味で、自分で何でも出来るオマエに、何が!」

ヘタレの次男坊で剣の腕もヘタレ、子供にお守りをされているオレの気持ちが・・・・という甘ったれの超理論です(´・ω・`)

FF14

サンクレッドも殴り返す!!!さすがに強烈、エマネラン吹っ飛びました!!

FF14

「何でもなんて、できるものか。俺は、自分が一番大事にしていたものすら、手を差し伸べることも出来ずに失った・・・」

だが、どんなに傷つこうが、今ここにいるのは「終わらせたくないものがある」から。それは暁の存在・・サンクレッドにとっては彼女の残したもの。

FF14

ミンフィリアの件、まだこれからも引きずりそうですね。このいきなりのもしもしさんへの執着は後付け的な匂いがあって、ユーザーとしては胡散臭い思いがして困るのですが、この場でのストーリー展開としては、サンクレッドのやりきれなさという事で、素直に受け取っておきましょう。

FF14

去っていくサンクレッド。

おいおい、寝てないで早くオノロワを暖かい場所に連れて行って手当てしてもらいましょうよ・・・・

FF14

サンクレッドと話すとクリア

エマネランを殴った事を後悔していないというサンクレッド。

何をやっても上手くいかず、周りを思っているのに失敗ばかりで、適当な格好をつけては、現実をかわそうとする・・そんなエマネランの気持ちがわかりすぎるから腹が立ったというサンクレッド。それは過去の自分・・・

「立ち向かわなきゃならないんだよ、俺もあいつも」

サンクレッドの拳の意味が、エマネランに届くと良いのですが・・・・・


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


Category - FF14 メインクエスト・運命の歯車

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジー FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment