Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】ふたつの魂

FF14

アルフィノの想いはひとつ、彼の事・・・・

FF14

イシュガルド:上層 (X:11.5 Y:11.2)フォルタン家の騎兵からオファー

アルフィノがフォルタン伯爵邸で待っているという。
女子に囲まれて嬉しそうな騎兵さん・・最初の日だけでしょうがw

FF14

フォルタン伯爵邸のアルフィノと話す

やはりエスティニアンの事だった。式典を襲った時、邪竜の影はエスティニアンの形をとっていた。そこに彼を助ける手がかりがあるのではと。

FF14

タタルさんがその件でクルル先輩とヤ・シュトラが忘れられた騎士亭で待っていると教えてくれる。

FF14

忘れられた騎士亭でクルルと話す

スパイスワインを楽しみながらみんなを待っていたクルル先輩とヤ・シュトラ。あせるアルフィノをいなしながら、まだ邪竜の影の中にエスティニアンの魂が存在する可能性があると教えてくれる。

FF14

そこにオノロワが、アイメリク様がアルフィノと私と話したいと伝言を持って来る。アルフィノは先に行ってしまう。エスティニアンを早く助けたくて、あせっているのが伝わって来る。

FF14

そんなアルフィノをフォローして欲しいとクルル先輩に頼まれる。

FF14

ミドガルズオムルも成り行きを見守っている。

FF14

あの式典の惨劇によって、イシュガルドの民は竜詩戦争の終局はまだ遠いのだと思い知らされていた。

FF14

アルフィノと話すとクリア

人に埋もれてしまっているアルフィノ君。これも今だけでしょうが・・w

アイメリク様は何を話したいのでしょうか。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


Category - FF14 メインクエスト・最期の咆哮

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジー FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment