Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】戦う者たちの休息

FF14

ここからは かの伯爵の回顧録には 綴られない物語

運命の歯車の軋みが鳴り響く

それは覇者の雄たけびか
それとも助けを求める者の悲鳴なのか

再び 英雄は歩みだす

この道は何処へと続くのか
今はまだ何も知らずに・・・



FF14

イシュガルド:上層 フォルタン家の騎兵(X:11.5 Y:11.2)からオファー

発生条件:メインクエスト「最期の咆哮」をコンプリート

アイメリク様からの会食のお誘いが。聖ガンリオル占星院近くのボーレル子爵邸へ向かう。仕事は山積みで多忙とはいえ、オルシュファンもいない、エスティニアンも去った今、寂しいのかな、アイメリク様。

選択肢はどれでもOK。

FF14

ボーレル家の家令と話す

アイメリク様はあまり使用人を置かないそうだ。貴族といえども華美に走らぬ暮らしぶりなのでしょう。

FF14

アイメリク様らしい落ち着いた邸内。

FF14

「いいものだな、旅というのは」

報告とは違う、生の冒険談を楽しむアイメリク様。私達がモーグリにコキ使われた話、ウケてました!

FF14

普段着姿にキュンと来る冒険者も多いかもw

FF14

選択肢「旅してみる?」を選ぶと「誘ってくれるのか!?」とうれしそうなアイメリク様が見られます。かわいいw議長を引き受けたばかりの身で出歩くわけにもいかない、いつかの夢に・・だそうです。

・・・まさか、フラグじゃないよね(((((;゚Д゚))))

思うようには進まないイシュガルドの変革の歩み、自分が生きているうちに安定するかどうか案ずるアイメリク様。「戦いに散った者のためにも進んで行こう」と決意も新たに。

FF14

「何よりもこの目には今も、邪竜に向かって進む君の姿が焼き付いているのだ。それを追わずに立ち止まることなど、出来るはずはないだろう?」

・・・え、口説かれてる!?

いやいや、真面目なアイメリク様だもの、そんなつもりじゃないよねwすぐに他国との協力関係など硬い話にシフト、やっぱりアイメリク様らしい。と思ったら議長ではなく「個人的な興味」で私がこれからどうしたいか聴きたいと言い出すし。もう、乙女心を散々にゆさぶって・・ずるい!アイメリク様w

FF14

そこにフォルタン家の騎兵がやって来る・・ンもう!イイ所で邪魔してぇ!!

何とサンクレッドが負傷した仲間を連れてフォルタン家に駆け込んで来たという。アイメリク様も何か出来る事があるかもと同行してくれる事に。


FF14

フォルタン伯爵邸に向かう

そこには負傷して苦しむアリゼーが。

FF14

サンクレッドは闇の戦士たちの仕業だという。先のエンドロールの続きですね。追っ手を振り切ったと思ったが、クルザスに入る手前で闇の戦士たちに襲われ、アリゼーが毒矢を受けてしまった。

FF14

応急処置をしたので、今すぐ命がという事態は免れたものの、衰弱が酷い。心配なアルフィノ。

FF14

アイメリク様達に、アリゼーと自分とのこれまでの事を話すアルフィノ。

祖父ルイゾワが望んだように、エオルゼアが守るべき価値があるかどうか見定めようとシャーレアンより来て、この地の人々の諍いや強欲の有様に絶望したアリゼーが、暁や政治と関わって希望を捨てきれずにいる自分と袂を分かった事も。

闇の戦士との件は、それでも彼女なりにエオルゼアを救おうとしたためだと。

FF14

彼女の治療をして欲しいと願うアルフィノ、その頼みを快く引き受けたアイメリク様は、神殿騎士団病院を手配してくれる。

FF14

だがその前にアリゼーは話しておきたい事があるという。闇の戦士がアシエンと結託している事、蛮神を討伐して回っているのも企みの一環という事、次はゼルファトの地でわざとガルーダを再召喚させて倒す予定なのだと。何としても奴らの企みを阻止して欲しいと。

FF14

サンクレッドに毒を特定するために病院まで一緒に来て欲しいというアイメリク様。

FF14

アルフィノと話すとクリア

エスティニアン殿を救った治療師たちならアリゼーを救ってくれるはず。ベッドの脇で祈るばかりでは「またあの人に笑われてしまう」というアルフィノ。今もエスティニアン大好きなアルフィノ、それほどに心の支えであり慕ってもいたとわかるセリフです。薄い本のネタというばかりではなく、両親との家族の情の薄そうな彼としては、兄とも家族同然とも思っていたエスティニアンですから。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


Category - FF14 メインクエスト・魂を継ぐ者

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジー FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment