Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】魂を継ぐ者(メインクエスト)

FF14

闇の戦士は去った。だが、本当の闇はそこにある・・・

アルフィノよりオファー

これからの事を考えなくてはというアルフィノ。ミンフィリアを失ったショックに、クリスタルの回収を口実に一人にして欲しいとサンクレッドは去っていく。アルフィノもまたイダ達の元へと向かう。

アリゼーと話す

大技の消耗から抜けきれないアリゼーはしばらく休養する事に。ウリエンジェに伴われて去っていく。

FF14

リトルアラミゴのパパリモと話す

ミンフィリアの件を知って、ショックを受けるイダとパパリモ。
二人は正式に暁に復帰する事になる。

そこにリトルアラミゴの長、グンドバルドがやって来る。彼はイダを知っていた。暴君テオドリックに反旗を翻した革命軍の一員として、イダの父親と一緒に戦ったのだという。祖国陥落後はこの地にアラミゴ難民を受け入れる場所を作ったと。

FF14

慌てるイダ。挨拶もそこそこに石の家に向かってしまう。イダには事情があり、表立っては行動出来ない、積る話は後にととりなすパパリモ。

FF14

「厚い仮面で大事なことを隠しているのは、君も鉄仮面も同じじゃないか」

パパリモは事情を察しているようです。相棒ですからね。どうやらイダはアラミゴと深い繋がりのある人物らしい。今度はこのコンビの話へとシフトしていくのでしょうか。

FF14

石の家のアルフィノと話す

新しい組織としてではなく、助け合う仲間の集まりとしての「暁」。それがアルフィノの答え。それぞれが目指すものを模索しながら、歩いていく。アリゼーはルイゾワの孫としてではなく、自分の意志で参加する。だから敬称はいらないと。アルフィノも「様」から「さん」へ。

アリゼーのツンデレっぷり、FATEの凛ちゃん的なw

FF14

ウリエンジェ、また元の姿に戻ってます。かっこ良かったのに!自らの行いを恥じる彼にサンクレッドは叱咤を飛ばします。思えば、二人とも大切な女性を失った者同士なのですよね。

FF14

アルフィノと話すとクリア

FF14

今の石の家、これが今の「暁」。出会った多くの者達に押された背中、そしてここにいる者達と更に先へと進む決意を語るアルフィノ。パパリモが名杖トゥプシマティを自分に預けて欲しいと申し出る。ルイゾワ様の弟子として、嵐の予感に備えておきたいと。

「おわりは始まり」

何かを終わらせようと、パパリモは考えているようです。


FF14

影武者と話す本物の鉄仮面。その背後にはアシエン・エリディプスが・・!!やはり彼もアシエンに操られていたのか?操られていたのは闇の戦士達だと、鉄仮面はいうが。光に満たされた世界など、ゾディアーク様には不要な存在、調停者が均衡を取ってくれるなら好都合だと、エリディプス。

FF14

闇の戦士達が回収した邪竜の眼を鉄仮面に渡すエリディプス。

FF14

やはり終わっていなかった!!!
エスティニアン!!早く戻って来てーー!!!!



FF14

古代アラグの遺跡のような場所にたたずむ男。

「存分に遊ンでやるぜ、この新しい玩具でなッ!」

FF14

ネロさン!!!!!!!

やっぱり帰って来ましたね、いやあ、何をして遊ンでくれるのかな?w


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

Category - FF14 メインクエスト・魂を継ぐ者

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジー FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment