Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】四国会合

FF14

政治という騙しあいの中で、アルフィノは策を思い、アリゼーはうざったがる。

FF14

グリダニアのアイメリクよりオファー

会合はいつものように不語仙の座卓にて行われるという。

FF14

物静かな道士と話す

各国の代表と会議が始まる。それぞれいつも通りの事なかれ主義。だがアイメリクが先の出兵を拒否したイシュガルドの態度を謝罪をし、ユウギリがドマの助力を申し出た所で空気が一変、エオルゼア同盟軍としての派遣が決まる。

FF14

アルフィノと話す

アルフィノは鉄仮面の罠である可能性を危惧していた。

FF14

アイメリク様とユウギリの会話を「回りくどい」と切り捨てるアリゼー。それが「大人の会話」だと諭すアルフィノ。とりあえず石の家に戻る事に。

FF14

レヴナンツトールのアリゼーと話すとクリア

アルフィノが自分から人を呼びに走り回るようになった事にアリゼーは思う所があるようだ。彼も成長したわけで。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


Category - FF14 メインクエスト・宿命の果て

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジー FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment