Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】今こそ反抗の刻

FF14

動き出す帝国軍第XII軍団、率いるは皇太子ゼノス。

FF14

コンラッドよりオファー

ささやかな勝利に沸くアラミゴ。だが帝国軍はそれを無視しているわけではなかった。

FF14

残忍で冷酷な皇太子ゼノス・イェー・ガルヴァス。

FF14

ゼノスはお追従しか言えない無能をあっさりと切り捨てる。彼が欲しいのはイエスマンではない、”狩り”を楽しませてくれる人材なのだ。

FF14

皇帝ヴァリスがエオルゼアへの進軍を許可しなかったため、ゼノスはバエサルの長城をあえて放置して、同盟軍を招き入れた。自分の管轄下のギラバニアを「猟場」とするために。つまり、まんまと敵の作戦に乗せられてしまったわけですね、暁を含めたエオルゼア同盟軍は。

”暁”は賢人といいつつ世知に疎い人揃いですからね(^^;

FF14

あのフォルドラが、策があると進言する。

FF14

他の将校達はアラミゴ人のフォルドラを蔑むが、ゼノスは「アラミゴ人がアラミゴ人を狩る」のに興味を示して、フォルドラの策に耳を傾ける。

FF14

メ・ナーゴと話すとクリア

ゼノスの真意を知らず、浮かれる解放軍と同盟軍。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

Category - FF14 メインクエスト・紅蓮のリベレーター

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド 紅蓮のリベレーター FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment