Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】その声に押されて

FF14

ここで止めてなるものか、仲間の死を無駄死にするものか。

ff14

コンラッドからオファー

ベロジナ大橋の襲撃どころではなくなってしまった。このタイミングでの拠点の襲撃、フォルドラの策はこれで終わりだろうか、まだ何か裏がありそうな気もするが。

FF14

ラウバーンと話す

アルフィノも何故今だったのかに引っかかっている様子。今なら解放軍を全滅させられるのにしない。ゼノスは馬鹿には思えない、何かあるとラウバーンも思っている。ひとまずカストルム・オリエンスへ移動して、コンラッドも交えて、今後の事を話し合う事になる。

FF14

カストルム・オリエンスのリセと話す

コンラッドは気落ちしている。ゼノスの圧倒的な力を見せつけられて解放軍として立ち上がる者もいないだろうと。だがメ・ナーゴは諦めていなかった。今諦めたら散って逝った者達は無駄死にになると。メ・ナーゴの叫びがコンラッドを奮い立たせる。

髑髏連隊はフォルドラ達は帝国にいち早く従ったアラミゴの有力者の子弟。アラミゴから見れば裏切り者だが、帝国人として育った彼らには解放軍は敵なのだ。同じアラミゴ人でも育つ環境で敵にも味方にもなる。ウルダハには金次第で敵にも味方にもなる連中もいるが。

ゼノスはアラミゴとドマの2つの属州を支配している。アルフィノは策を立てる。もしドマで何かが起きれば、アラミゴから目をそらす事が出来る。その隙に体制を立て直そうと。

このあたりは、イシュガルドとウルダハを行ったり来たりした蒼天の流れと同じものを感じますね。

FF14

アルフィノと話すとクリア

ドマへ行って帝国を混乱させる何か手段を探す事になる。ヤ・シュトラが心配なのでクルルは残り、帝国と戦う手段を見つけたいというリセが東方へ向かう事に。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

Category - FF14 メインクエスト・紅蓮のリベレーター

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド 紅蓮のリベレーター FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment