Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】蛮神スサノオ(スサノオ討滅戦)

FF14

スサノオを討滅せよ!!

アリゼーからオファー

とにかくアリゼーとリセの二人で暴れて敵を引き付けて、私は蛮神へ・・作戦も何もないのだがw

FF14

宝物殿の扉を調べる

スサノオ討滅戦解放

FF14

豪神スサノオ討滅戦

範囲攻撃の安全地帯の見極めをしっかりと。

巨大化すると「刀を受け止める」ポイントが出現、タンクが受けてボタン連打。
他は玉に体当たりで処理。処理出来ないと全員にデバフが付く。

1人が岩に閉じ込められる。岩がシャッフルされる。
中にメンバーのいる岩を壊さないと即死。


何だか楽しそうに戦う神様でした。久しぶりの戦いに「オラ、わくわくするぞっ!!」的なノリでw

終了後、イベント。

FF14

海賊衆の船が進んでいく。

FF14

ソロバンがゼッキ島での私達の動きを伝えてくれる。私達が宝物庫を襲撃して、慌てた紅甲羅達が帝国軍の持ち場を放り出して、宝物庫へ集結していると。

FF14

黙したままのラショウにしびれを切らして意見するタンスイ。ラショウがドマ出身かどうかは関係ない、仲間を取り戻すため、それは海賊衆の問題でもあると主張。

FF14

「俺たちは奪われる者ではなく、この海の略奪者だ」

FF14

ラショウがついに動く。イサリ村の奪還に向けて。仮面の下の本気、それが海賊衆の矜持。



FF14

ゴウセツが口を割らない。

FF14

ヨツユはゴウセツが黙るたびに一人ずつ殺せと命じる。

FF14

義理や人情の大嫌いなヨツユにとって、そんなものにこだわる人間が滑稽なのだ。誰にも愛されなかった歪んだ人生を送って来たのだろうな。だから自分に与えられなかったものを持っている人間が憎くてたまらないのだろう。

ゴウセツとドマの民の命はここまでか・・

FF14

そこに海賊衆が攻めて来る。喜ぶドマの民。



FF14

ゼッキ島で奮闘するアリゼーとリセ。

FF14

イサリ村から上がる狼煙が見えた。海賊衆が動いたのだ。イサリ村が救われた証し。

FF14

アリゼーがひとり紅甲羅と戦い、リセと私を逃がす。

FF14

リセと話す

アリゼーを助けにいくという。だったら最初から戦えばいいのに。何かとヒロインぶって「私ガー」とか言い出して面倒。頭悪いんだから悲壮ぶるのやめて欲しいw

FF14

アリゼー、あっさり撤退して来てました。役目が終われば無理はしないタイプです。

FF14

リセと再度話すとクリア

ヨツユのドSっぷりが半端。どうせならゴウセツの両腕を切り落として、二度と刀を持てない、もう主君を助ける事は出来ない絶望に突き落としてから、なぶり殺せばいいのに。そこまでやらないと口先ドSでしかない。ドS好きヲタが喜ぶキャラを目指したなら、その位やらないと。ラウバーンの腕も落した事だし。腕位ならOKでは?


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

Category - FF14 メインクエスト・紅蓮のリベレーター

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド 紅蓮のリベレーター FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment