Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】声なき痛哭

FF14

もう少し村人の話を聞いてみよう。

ユウギリからオファー

困っている人を探す

FF14

アザミを救出

黄色い小菊を害虫を駆除して入手

FF14

アザミと話す

アザミの両親のお墓まで行く事に。

FF14

アザミと話す

アザミとお墓に花を供えていると、最初にゴウセツを罵倒した若者イッセがやって来る。アザミはイッセの妹。イッセは怒り狂っている。アザミを行かせた後、イッセは言う。

FF14

イッセの両親は反乱に参加した。そして両親の遺体を持って来た帝国軍はイッセに殴る蹴るの暴行を加え、泣きながら許しをこうイッセに「帝国に逆らった両親は大馬鹿でした」と何度も言わせた。抵抗したら今度は妹が同じ目に合うかも知れない、イッセはそれが怖くて何をされても我慢した。その後も両親にまともな墓も作ってやれない。もし監視にばれたら、どんな制裁を受けるかわからないから。

リセだったら「もうそんな目に会いたくないよね?戦おうよ!」とでも言うのだろうな。何も考えずに。自分だって負けたくせに。でも運良く出来の良い姉や賢人に保護されていたからお気楽な人生を送れただけなのに。

自分達は気高いドマ人じゃない。惨めでも服従しても、それでも生きていたい。だからもうかまわないでくれというイッセ。

FF14

ユウギリと話すとクリア

帝国軍を「同じ人間なのに」というユウギリ。まず戦う相手の認識を間違っている。その甘さが敗北に綱勝っただろうな。負けた原因が同国人の裏切りだった事も思えば。性善説ではダメなのだ。これまでもそうだが、自分達以外は「蛮人・蛮族」それが帝国なのだ。「同じ人間」とは思っていない。しゃべる猿程度にしか思っていない。そう教育されているのだ。そこにドマを憎悪する女の悪意も加担しているのだ。

ヒエン様の真意はわからないが・・


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

Category - FF14 メインクエスト・紅蓮のリベレーター

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド 紅蓮のリベレーター FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment