Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】角尊の宝物(白魔導士)

FF14

ガッディの行く末は・・・白魔導士LV70のクエスト

FF14

シルフィーからオファー

ガッディの修業は順調だが、サンチェの容態が悪い。ガッディには言っていないが今日明日が山場。カストルム・オリエンスまで薬を取って来て欲しいと頼まれる。

FF14

酒保商人からサンチェ用の薬を入手

こんな強い薬、よっぽど具合が悪いのだなと言われる。

FF14

シルフィーと話す

小屋に戻るとガッディとサンチェがいない。シルフィーが取り乱しているので「なだめる」。シルフィーは薬のための水を汲んで戻ると、二人が消えていたという。ガッディの帽子が落ちている。

修業は順調でガッディには逃げる理由はないとシルフィーは言うが。サンチェが大好きだった場所「流星の尾」へ行ったのかも知れない。ずっとサンチェが行きたいと言っていた。ガッディが母親の願いをかなえるために連れて行ったのかも知れない。

FF14

母娘を探す

サンチェが倒れている。ガッディがまた魔力を噴き出している。近づくと戦闘。

敵は2体。特に苦労はしないレベル。

FF14

サンチェに薬を使うとバトルへ突入

FF14

シルフィーとエ・スミ様も駆け付ける。薬は飲ませたものの、それはわずかな時間を引き延ばしたに過ぎなかった。それでも母親が最期の言葉を娘に告げる時間を作る事は出来た。

FF14

母の死がガッディの心を揺らし、魔力が暴走してしまう。必死で抑えるガッディ。

FF14

だがヴォイドゲートが現れ、サンチェの遺体が吸い込まれてしまう。妖異は母親に憑りつき、この時を狙ってたのだ。妖異は「母親が死んだのはお前のせいだ、無理に連れまわしたせいだ」とガッディを責め立てる。ガッディは罪の意識から再び魔力が暴走、今度は止められない。

ガッディの命が蝕まれる前に、妖異を退けねば。

敵は最初は一体。ガッディのHPを守りつつ戦う。途中でヴォイドゲート3個が出現、潰さないと魔物が出て来てしまう。小さい2個を全力でつぶす。シルフィーは途中でエ・スミ様に蘇生されてからが戦力。それまで持ちこたえれば勝てる。

FF14

ガッディと話すとクリア

母親が死んだのは悲しいが、一人ではないと気づいたガッディ。今まで我慢して来た事をやりたいという。初めてのお友達のシルフィーと一緒にお勉強して魔術師になりたいというガッディ。

FF14

エ・スミ様も満足げ。

FF14

報酬:セブンスヘブンチェスト、インドゥルゲンティア(アクション)


考えてみると、随分な毒親でしたね。

FF14

やっとガッディにも明るい人生が・・・

娘と離れたくないがために、娘に何もさせず、友達も作らせず、幽閉。これでは嫌っている幻術士ギルドのやり方と変わらない。自分が病気でいつ面倒が見られなくなるか分からないのに、それは見ないふりで放置。もしシルフィーと出会わなければ、母親が死んだ後、ガッディはもっと悲惨な目に合ってたはず。目の前の我が子可愛さで、後先を考えない。というか、本当に我が子を愛していたら、我が子の未来がどうなるか、考えるのが親だよね。

何となくアラミゴ関係の独立ガーしている人達も似てるな。その場のノリ、その場限りの「やっちゃれー!」に乗せられて、結局は悲惨な結果に。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

Category - FF14クエスト・ソーサラー

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド 紅蓮のリベレーター FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment