Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

ガレマール階級論考

Category - 資料的なもの
FF14

『ガレマール階級論考:上巻』

第六星暦1522年の帝政転換以来、ガレマール帝国では階級社会化が急速に進行している。
名に所属階級が含まれる点は、その深刻度を示す例といえよう。

国家元首たる皇帝は「ゾス」これに続く皇族は「イェー」、貴族は「ウィル」を名乗る。
軍人階級は、軍団長の「ヴァン」に始まり、「トル」「サス」「レム」「クォ」「ピル」「エン」と続く。
魔導技術者は、筆頭機工師の「ナン」に始まり、 「マル」「ルクス」「キル」「ジェン」と続く。

『ガレマール階級論考:下巻』

公職は、独裁官および元老院主席の「イル」に始まり「ヘット」「ゴー」「フェー」「エイル」「ダス」と続く。
市民は「セン」と、二級市民の「バス」に別たれ。最下位には市民権を持たぬ「アン」が位置する。

ガレマール帝国の軍事侵攻により、属州化された地域ではその住人は多くが「アン」とされ、奴隷として市民に仕える生活を強要されているようだ。 「アン」が市民権を得て「バス」や「セン」となるには、帝国に対する「特別な貢献」を認められるか、20年以上の過酷な兵役が必要となる。

(グブラ幻想図書館)

FF14

ガイウス・ヴァン・バエサル Gaius van Baelsar 
ネロ・トル・スカエウァ Nero tol Scaeva 
リウィア・サス・ユニウス Livia sas Junius 
リットアティン・サス・アルヴィナ Rhitahtyn sas Arvina 

ヴァリス・ゾス・ガルヴァス Varis Zos Galvus 
レグラ・ヴァン・ヒュドルス Regula Van Hydrus

シド・ナン・ガーロンド Cid nan Garlond 
ルキア・ゴー・ユニウス Lucia Goe Junius



にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

Category - 資料的なもの

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジー FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment