Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】ひとりの同志

FF14

ヒエン様との出会い

FF14

シリナからオファー

シリナ達は傷だらけのヒエンを見つけ、介抱した。そのお礼に、ヒエンは働き手としてモル族の所にとどまっているのだという。ここまで一緒に来たので、今はお気に入りの場所にいると教えてくれる。

FF14

ついに主君に会えると興奮するゴウセツ。

FF14

ヒエンを探す

ヒエン様は丘の上にいた。

FF14

ドマの民の決意を背中で聞き、そして立ち上がる。

そしてユウギリに、先に戻るように命ずる。国元での手はずを整えておくように、そしてユウギリがいた方が「暁」も動きやすいだろうと。

今は戦の季節、勝利した部族が支配者となる。ヒエン様は戦の季節を征し、この地のアウラ族を従えて、ドマへ乗り込むというのだ。確かに敗戦と粛清により、今のドマには反乱の戦力はない。ヒエン様は決して敗残の身を潜ませるためだけに、この地に来たのではなかったのだ。先の事を見据えての事だったのだ。

FF14

モル族として戦の季節に参加する。戦の季節を征する事で、モル族はアウラ族の頂点となる。モル族への恩返しにもなるという。

FF14

これが主君たる器か。

どこかの考えなしの口先ばかりとは違う。

その上で自分はまだ未熟な若輩者だから、ひとりの同志として思ってくれという。何とも心憎い社交術、それも上に立つ者に必要な資質のひとつ。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

Category - FF14 メインクエスト・紅蓮のリベレーター

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド 紅蓮のリベレーター FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment