Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】終節の合戦

FF14

この合戦に勝利せよ!!

FF14

シリアからオファー

合戦は朝に始まる。いにしえより審判をつとめて来たガール族によって合戦の合図として土がまかれる。

FF14

その土が「無垢の土地」となり、もっとも早く到達し支配した者が合戦の勝利者となる。


FF14

モル族の合戦参加者と話す 0/4

テムルンの助言に従い、参加者と話して心を通じておこう。誰もが不安に思っている。それでも神託には意味がある、この戦いには意味があると心を奮い立たせようとしている。

FF14

テムルンと話す

参加者達の不安に震えていた魂がひとつに束ねられていくの感じたという。

FF14

草原の民は必要以上には奪わない、それでも合戦において命を奪う事は悪とはされない。命をかけた真剣勝負、その勝者でなければ、猛威を振るう大自然の中でアウラ・ゼラを導いていかれないから。他の部族と接し、彼らが手を抜かないと知ったはず。それでもいかに困難な道であろうと、勝利とともに必ず生きて戻って欲しい。それがテムルンの願い。


FF14

シリナと話すと戦闘

無垢の土地と契約を結ぶのが目的。

まずはヒエン様について雑魚を倒しながら無垢の土地の方角へと進む。大体が仲間の会話で指示がされる。

FF14

味方が雑魚を叩いている間に、無垢の土地と契約を結ぼうとすると・・・

FF14

マグナイに阻止される。その後はマグナイに執拗に追い回される。とにかく生き延びてマグナイを削りつつ、他者の契約の邪魔をする。

FF14

サドゥの招喚した流星のチョローなる石像は必ずつぶす事。チョローが発動すると負け。マグナイを倒したらサドゥも倒す。土地との契約の途中も雑魚に邪魔されるので注意。

FF14

土地と契約するといったん終了でイベント。


FF14

土地は勝者として私を認めた。モル族の勝利。


FF14

グリーンワート率いる帝国軍が現れる。

FF14

「勇敢なる草原の戦士たち、誇りある者たちよ!新たな敵だが、よもやくたばってはおるまいな!」

そこで皆に声をかけ、今一度奮い立たせるヒエン様。これぞ君主たる者の手腕、みんなやる気満々に。

FF14

流星のチョローが発動すれば終わるので、それまで耐える。石像を攻撃する帝国軍を攻撃、石像を守る。発動すれば終了。

グリーンワートはいつも通り逃走する。

FF14

シリナは、モル族は変化を望まない事、でもひとつだけ協力して欲しい事があると草原の民に告げる。大切な友のために、ドマ奪還にその力を貸して欲しいと。

FF14

戦いでさらに魂を輝かせるためなら、ドタール族に恐れなどない。何処でも戦うというサドゥ。サドゥにそう言われたら、マグナイも引き下がれない。それでも「神の子を連れるのだ、お前たちに敗北はない」と、今となっては楽しい上から目線で承諾してくれる。

FF14

ヒエンと話すとクリア

モル族に救われた恩を返せた事、故郷の奪還に向けて一歩進む事が出来たと感謝される。私との出会いは、苦境の底にあった自分とドマに何よりの僥倖だと。

FF14

この豪快な男にも、内心ではどんなにか苦悩があったのかと思う。生まれながらに国を背負うという重責と、その国そのものを奪還せねばならないという更なる苦行を背負い込んでも、強靭に立っていると思っていた男にも。国を奪還しても、その後には武力だけではなく、外交も政治も経済もなすべき事は山ほどあり、それをこなす覚悟もなければ、先へ進めないというのに。

でも、ヒエン様なら、大丈夫な気がする。

この男になら、ゴウセツやユウリギだけではなく、支えようと思う人物が大勢現れる、そんな気がする。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

Category - FF14 メインクエスト・紅蓮のリベレーター

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド 紅蓮のリベレーター FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment