Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】自由か死か

FF14

暴君を倒して戦いに勝利しても、得られるのは「自由」だけ。それでも人々は何かを変えられると信じていた。

FF14

ラウバーンからオファー

リセを交えて話がしたいという。ラウバーンの生家の前で、彼は時分の半生を語る。貧しい暮らしだった。村全体がそうだった。アラミゴ軍の雇われ兵士になったラウバーンは知恵を絞り魔導兵器を撃破した。そのおかげで「戦場の演出家」と呼ばれるようになった。

FF14

私はラウバーンの過去を超える力で見てしまう・・・

当時のアラミゴは暴君テオドリックの凶行と暴君に追従する密告者の影におびえて暮らしていた。暴君が帝国に変わっただけで、あまり変わっていないようにも思えるが。

FF14

「自由か死か」

カーティスという男が、ラウバーンの生家の壁に書いた言葉。彼らは暴君を倒し、自由を勝ち取ろうとしていたのだ。若き日のラウバーンもそれに参加する。カーティスはリセの亡き父。戦いに勝利しても、得られるのは「自由」だけ。富や権力は自由になった後で努力でつかみ取るもの。それがカーティスの主張。彼に感化され、一傭兵に過ぎなかったラウバーンは、戦う意味を考え始める。

FF14

父の書いた文字の前で、ラウバーンはリセに覚悟を問う。またまたわかったような「覚悟」だの何だの能書きを並べたリセに、ラウバーンはあっさりと騙されてしまう。まるでアラミゴ漫才だね。

FF14

ラウバーンと話す

リセをよろしくと頼まれる。うーん・・このあたり、ウルダハのナナモ様命になっているラウバーンの状況を思うに、それを捨ててまでアラミゴに殉ずる覚悟はない気がするし、ウルダハにいた方が支援が出来るからとしても、政治的な問題で同胞の難民すら救えずにいた状態を思うに、何だろうな、何か納得出来ないのだよね。そこがイルベルドの不満だったのも解るし。

脳内お花畑ばかりだから、アラミゴは帝国に蹂躙されたのではとしか思えない。今ですら「暁」や外部の協力がなかったらどうにもならないし。アラミゴ自体に国を支えるような人材がいないのが辛すぎる。いつまでも借りものばかりで国を動かす事なんか出来ないよね。そこがドマとの大きな違い。

FF14

リセと話す

ラウバーンに先に戻っておけと言われたので出発する。ラウバーンも久しぶりの故郷をしばし味わいたいのだろう。

FF14

リセと話す

誰かに見られているという。
FF14

監視者を探して襲われたら討伐

敵は3人、私を帝国軍に売れば市民権が得られると話している。あっさりと倒せます。

FF14

リセと話す

リセも襲われていた。帝国の下働きをしていたアラミゴ人たちだった。アルフィノ達は大丈夫だろうか。

FF14

メ・ナーゴと話すとクリア

開放されても、貧乏と帝国の影におびえるよりは、不自由でも帝国の下で静かに生きる方を選ぶ人間もいる。

FF14

スタークはそれを一概には非難出来ないという。帝国の支配下で生まれた人間には、その世界が自分の生きる世界なのだ。それをアラミゴ人だからどうのと能書きが言えるのは、言えるだけの恵まれた環境にいたからだと。

深く考えない脳筋娘は「アタシは迷わないよ!」と言い張る。アラミゴ人ならきっとアタシと同じで独立がイイと思うはず、思って当たり前、思わない奴がおかしいという方向に走っている(苦笑)

ほらほら、スタークの言っているのは、そこなのに・・・

パパリモ、どうしてここまで使えない人間になるまでリセを甘やかしちゃったんだろう。それともパパリモも諦めていたのだろうか。本物のイダとは出来が違い過ぎるのに、自分は姉と同じ事が出来ると思い込んでいるうぬぼれ屋に。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

Category - FF14 メインクエスト・紅蓮のリベレーター

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド 紅蓮のリベレーター FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment