FC2ブログ
【FF14】ナナモの決意
FF14

ナナモ様、そして世界へ?

FF14

アルフィノからオファー

アルフィノはアレンヴァルドと共に、廃王の黄金を財源とした支援策の下準備を始めるという。リセは代表者会議の準備に財宝の回収と色々とやらねばならない。私はナナモ様の所へと向かう。

FF14

ウルダハのバーソロミューと話す

ナナモ様の相談事は、やはりラウバーンについての事。ラウバーンはアラミゴの件が落ち着き次第ウルダハに戻るといっているが、ナナモ様にはラウバーンが迷っているのが感じられるという。ナナモ様にとってラウバーンは片腕であり頼りになる存在。だが、アラミゴ人としてのラウバーンの立場も尊重したいと考えているのだ。

FF14

どちらの道を選ぶにせよ、ラウバーンに心置きなく進んで欲しい。そのためには自分が真の意味で自立し、女王としての務めを果たせるようにならねばならないとナナモ様は思ったようだ。まずはこの目と耳で世界を知りたいと・・

あ・・何となく嫌な予感w

少しばかり付き合って欲しいと頼まれる。女王と気づかれぬように変装して来るという。パパシャン爺、ごめんなさい。また気苦労をおかけしてしまうようです。

FF14

クイックサンド付近でナナモ・ウル・ナナモと話す

口うるさいパパシャンがお目付け役として付いて来るよりも、私との方が気楽という事らしい。護衛としても充分だし。まずは貧民窟へ行こうというナナモ・・いやいや、リリナ様。

ストーンズスロー貧民窟付近のナナモ・ウル・ナナモと話す

貧しき者が危険と不便を承知で野営を続けている難民キャンプ。安全な都市内はすでに人口が過密状態、家を持つには大金がいる。アラミゴ陥落から20年、霊災から5年、悪化を一途をたどる貧民窟の状況に、女王としての責任を感じてしまっているナナモ様。

選択肢は・・ここはナナモ様を励ましたい。

求められるのは努力ではなく結果だと、己を甘やかさないナナモ様。

アンホーリーエアー付近のナナモ・ウル・ナナモと話す

ここはナナモ様のご両親が亡くなった場所だそうだ。東ザナラーンの視察からの帰路でチョコボ・キャリッジが落石事故になったという。事故か暗殺か、真相は謎のまま。ラウバーンが真相を解明しようとしたが、ナナモ様が止めたのだという。たとえ共和派の仕業としても、5歳の幼子を傀儡に据えて影から操ろうとした黒幕を一掃するのは無理、捕まえられるのは、せいぜい末端の実行犯がいい所だと。

共和派を名乗る豪商ではなく、民の手に国を委ねようとした先の女王やめます騒動。でも豪商も民、もし民の手に委ねるといっても、結局は金持ち達が牛耳ってしまうのが悲しい現実ではないでしょうか。そこの所はどう思っておられるのやら。

それでも今はわらわは幼子ではない!と傀儡の女王である苛立ちをあらわにするナナモ様。ずっと苦悩の中におられるのもおいたわしや・・そんな本音を出せるのも、私だからとナナモ様。

コロセウムのナナモ・ウル・ナナモと話す

ここはナナモ様とラウバーンが出会った場所。卑怯な策略で1対10の戦いを強いられていたラウバーンをナナモ様の一言が救った。ラウバーンはその恩義にナナモ様への忠誠を誓った。「いつか貴方の剣になってみせる」と。それから5年をかけてラウバーンは前人未到の千勝を成し遂げ、莫大な賞金を以て砂蠍衆の座へと上り詰めた。

FF14

超える力で、二人の過去を視る・・・

FF14

襲い掛かる強敵、なぎ倒すラウバーン。

FF14

駆け寄るナナモ様、満面の笑みが愛らしい。

FF14

まるでお父さんと愛娘ですねw

FF14

砂蠍衆となったラウバーン、それはナナモ様が唯一の味方を得た瞬間。

ナナモ・ウル・ナナモと再度話すとクリア

彼女の身を案じる者はパパシャンはじめ幾人かはいる。だが彼らは政治には口を出せない。砂蠍衆として発言権を得たラウバーンは、ナナモ様が初めて得た剣、操り人形の糸を断ち切るための。それほどに大切なラウバーンの存在。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

関連記事

Tag:FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド 紅蓮のリベレーター FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

Comment 0

What's new?