Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】蒼天の未来

FF14

建国の真実が明らかにされ、動揺が広がるイシュガルド。3.1実装のメインクエスト

受注条件:ファイター/ソーサラー レベル60 以上、蒼天のイシュガルドクリア済み

FF14

フォルタン伯爵邸のアルフィノからオファー

行方不明の暁の人間の情報が得られたそうだ。

FF14

タタルさんが教えてくれる。

フ・ラミンの一行はクリスタルブレイブの襲撃を逃れてラザハン行きの船に飛び乗った。ウルダハのパールレーンで破壊されたイダとパパリモのリンクパールが発見された。追っ手を逃れるためだろう。ミンフィリアとサンクレッドについては情報がないが、その件について頼もしい助っ人が来る予定になっているという。

FF14

アイメリク様が相談があるという。”私”にも同席して欲しいそうだ。

FF14

イシュガルド:下層 神殿騎士団本部(X:13 Y:11)の神殿騎士団の衛兵と話す

神殿騎士団総長室でアイメリク様と話す。教皇が不在のイシュガルド、今は教皇崩御時の正教法にのっとり、神殿騎士団総長のアイメリク様が職務を代行しているが、それは新教皇が決まるまでの暫定的なもの。本来なら高位聖職者や名門貴族が集まり、次期教皇を決定するのだが、アイメリク様を公表した真実のために、正教の権威がゆらぎ、国中が不安定なっているという。

FF14

下手に嘘をついたり、誤った情報が流布するよりもと、真実を公表したというアイメリク様。だが真実はアイメリク様の予想以上の混乱を招いてしまった。

FF14

聖職者のへの嫌がらせなど、大きな暴動に繋がりかねない事件も起きている。ヒルダたちが頑張っているものの、いつまで国民の不満を抑えておけるのか。教皇の計画を止めるためとはいえ、やり方が乱暴だったという反発も内部にあるという。四面楚歌ですね、アイメリク様(^^;

FF14

そこで皇都が不安定ながらも平穏であるうちに、竜詩戦争の完全なる終結をしたい。その為に我々の力を借りたいという。

FF14

ルキアと聖竜の眷属ヴィゾーヴニルの橋渡しをして欲しいというのだ。ルキアを特使として、皇都に竜をまねいて、人と竜の交流の再開を宣言したいのだという。イゼル亡き今、彼らとの接点を持つのは我々だけなので。

FF14

混乱の中で、この国を良い方向に導こうと思っているのはアイメリクだけではない。フォルタン家の次期当主アルトアレールも、亡き弟の願いを実現しようと動き出す。

FF14

一方、エスティニアンの身体を奪ったニーズヘッグも、復讐の機会を狙っている。

FF14

竜詩戦争の終結は、幻と終わるのか・・・・

FF14

ルキアと話す

高地ドラヴァニアへ行くのは初めてだというルキア。アルフィノは出発前に仲間に声をかけて行きたいという。

FF14

忘れられた騎士亭のタタルさんと話す

例の助っ人さんが低地ドラヴァニアのイデルシャイアに到着するという。出迎えはヤ・シュトラがするので、ルキアの案内をした後で、立ち寄って欲しいそうだ。

FF14

ルキアと話すとクリア

報酬:ホットココア、クレームブリュレ、クロワッサンアマンド、アーチンテリーヌから1つ選択


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


Category - FF14 メインクエスト・光と闇の境界

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジー FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment