FC2ブログ
Welcome to my blog

ふわな

ふわな

ff14

アルフィノの危機を知ったアリゼーは・・・

石の家 (X:6.1 Y:5.8)アリゼーからオファー

受注条件
ファイター/ソーサラー レベル70
メインクエスト「「暁」の少年」をコンプリートしている


アルフィノから連絡がない事をアリゼーは気にしてる。

ff14

同盟軍の伝令がやって来る。

ゼノスの遺体を巡る情報が同盟軍の首脳陣に最高機密扱いで共有された。アシエンの介在も疑われており、「暁」にも会議に同席して欲しいとの事。アリゼーは快諾する。会議はアラミゴで行われる予定。

ff14

リオルがサンクレッドからの通信を受ける。重要な情報をつかんだが、帝国領内からの通人は盗聴される可能性があるので、帝国領内ではなくアラミガン・クォーターで会いたいとサンクレッドが言っているという。会議の前にアラミガン・クォーターへ行く事になる。

じっとしているのが苦手なアリゼー、外に出る口実が出来て、いきなり張り切っている気配。

ff14

アラミガン・クォーターのサンクレッドと話す(CVあり)

サンクレッドはかなり疲れている様子。水を一杯所望する。

サンクレッドは帝国の現状を話始める。ドマやアラミゴの勝利で、属州では独立の気運が盛り上がったが、帝国は苛烈な粛清を与え、独立運動は進んでいない。特に王都まで焼き尽くした属州ダルマスカへの徹底した粛清を見て、ビビってしまった属州も多いのだという。

だが諦めていない属州もある。エオルゼア同盟軍もナナモ様とカヌ・エ様が中心となり、反帝国組織に物資支援を始めている。

ff14

本国の方では、民衆派の勢いが今ひとつ。ドマが蛮神召喚に手を染めたという話が広まり、属州政策の撤回の勢いが衰えてしまっている。ゼノスの目論見通り、アサヒが引き起こした件はドマの仕業に塗り替えられていた。アリゼーは怒るが。

ゼノスの死ももみ消され、療養を終えたという触れ込みで、ゼノスは属州を回って抵抗活動を阻止している。誰もゼノスが偽物だとは疑っていない。自分の時と同じだとサンクレッドは言う。中身がアシエンだと。

ff14

そして、アルフィノが帝国に到着してない事をサンクレッドは告げる。アルフィノと共通のリンクパールで一言だけ「ザ・バーン」という単語が聞き取れた事。永久焦土帯ザ・バーン。そこで何かトラブルにあったに違いないと。すぐに行かなくてはと猛るアリゼー。

アルフィノは頭いいのに騙されやすいし、変な所で鈍感だし、行ってやらねばとww

ff14

アリゼーと話す

現地へ向かう足も必要、ドマのヒエンに相談しようというアリゼー。ドマにはヤ・シュトラもいる。会議の下準備はしておいてくれるというサンクレッド。

ff14

ドマ町人地のヤ・シュトラと合流

ヤ・シュトラは属性を失ったクリスタルが発見されている事を気にしていた。同じ事が霊災の前にもあったからだ。そして神器についての調査結果も教えてくれる。膨大なエーテルを宿した神器という「信仰対象」に召喚者の願いが掛け合わされる事で蛮神召喚がなされるのだという。神器やクリスタルの流れを見張るというアルフィノの提案は正しかった。

アルフィノの件を聞くとヤ・シュトラもアルフィノの捜索に加わりたいという。アリゼーは歓迎する。

ff14

帰燕館にいるヒエンと話すとクリア

快く協力をしてくれる事に。

にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply