FC2ブログ
Welcome to my blog

ふわな

ふわな

ff14

ヤーンの大穴で3度目の異変が起きたという。

ff14

ラールガーズリーチ (X:13.4 Y:12.4)ジェシーからオファー

受注条件
ファイター/ソーサラー レベル70
クロニクルクエスト「ハカイの妖星」をコンプリートしている


詳しい事はシド会長が説明してくれると言うが、なかなかシドが来ない。その間に、ジェシーがある事を打ち明けてくれる。何とシドが秘密裏にガレマール帝国から父親であるミドの残したデータを取り寄せたというのだ。例の「シタデル・ボズヤ蒸発事件」についての。

何度か名前だけは耳に・・

帝国属州のひとつだった城塞都市シタデル・ボズヤ、ソル帝の命を受けたミドがダラガブと交信するための交信電波塔と建てた場所。実権は失敗、ダラガブから想定以上の力が降り注ぎ、都市そのものが蒸発した。それはシドが亡命したきっかけとなった事件。その時のデータを今となって・・シドは何をしようというのか。ジェシーは最後までシドを信じて欲しいというのだが。

ff14

やっとシドがやって来る。調査をしようにもビッグスとウェッジはまだ本調子ではなく、ネロは安静を命じられている状態、ミドガルズオルムも眠ったまま。ジェシーにはある装置を完成させて欲しいとシドは頼む。結局、シドとアルファと私でヤーンの大穴へと向かう事に。

ff14

ヤーンの大穴のシドと話す

再び異次元の闘いへと赴く。仲間は次々と倒れ、今はシドとアルファだけに。

ff14

シドと話す

オメガの端末がやって来る。検証は最終段階に至った。残ったのは私達。しかし最も弱き私達が何故残ったのか、オメガには理解出来ない。そのために更なる検証とデータが必要らしい。

闘う相手は、アメガの生み出した89体の疑似生命体の殺し合いで生き残ったグループの4人の中のひとり。同じグループ内で戦わせ、最後に残ったひとり。何という残酷な・・それはヒトの感覚でオメガには理解出来ない感覚。もっともオメガのような思考しか出来ない人間も増えているような気もするが。

ff1418092006.jpg

オメガはアルファはここで用済みだと言い放つ。哀しそうなアルファ。弱い者は群れたがる、だからアルファを餌にして弱い”私”達を集めたのだと。これから先はもはや不要だと。

ff14

だがシドはアルファを「仲間」だ、連れて行くと言い張る。オメガには理解出来ない。シドはオメガが被験体を完全に再現出来ていない点を指摘する。だから勝てないのだと。疑似的に作られた彼らには信念がないから。そして信念があるから、弱くても自分達は勝てたのだと。オメガには理解出来ない。

ff14

一緒に行こう!

ff14

嬉しそうなアルファ。

ff14

敵は「カオス」という名前だとシドは説明してくれる。FF1のガーランドが変貌した姿。

ff14

自分が役に立つのか不安そうなアルファに、シドはケトルでお湯を沸かしてくれるように頼む。自分はお坊ちゃん(ネロに言われたのを気にしてるのね)で部下がいないと何も出来ないからと。アルファは喜んで駆けていく。こういう気の使い方が出来るのが、上に立つ人の必須条件だよね。さすが会社を率いているだけの事はあります。実質はジェシーが切り回しているとしても、やはり皆に慕われる”親方”シドがいてこそですものね!

ff14

次元の狭間オメガ:アルファ編1 開放

ff14

次元の狭間オメガ:アルファ編1 攻略

カオティックディスパーション MTへの大ダメージ攻撃
ホリゾンタルインプロージョン ボスから90度x2の連続範囲攻撃
ほのお フィールド中央安置。しばらくの間、外周がデバフ床になる。
着弾せよ(頭割り) 頭割り2つが2連続攻撃
着弾せよ 距離減衰攻撃 対象者は南側四隅へ移動 着弾地点に大型範囲攻撃
突出せよ PTメンバーへ範囲攻撃「着弾せよ」の後に来る。全員中央に
追尾せよ PTメンバー2名に赤マーカー
たつまき 中央がデバフ床に、後に外周へのノックバック攻撃
バウル・オブ・アゴニー ボスが中央へジャンプ。PTメンバー全員のHPを1に。
黒水晶 黒水晶の魔力が100になるまでに破壊する。


ff14

攻略後

オメガにはまだ理解出来ない。何故、私達が勝つのか。オメガはエキストラステージへ私を導く。


ff14

そこに現れたのは、かつてオメガの星と敵対した「竜の星」の赤きたてがみ・・何と次の敵はミドガルズオルム。それも今のような残骸ではなく、オメガの記録にある完全な姿の頃の。

ff14

始まろうとした戦いに、シドは割って入る。”私”に一度休憩をさせないと正確なデータは取れないと。さすが科学者、オメガの痛い所を突く。オメガは了承、いったん私は外に出る。

にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply