FC2ブログ
Welcome to my blog

ふわな

ふわな

ff14

理解出来ない・・だからこそ理解するだけのデータを得るために・・・

オメガは何と人型に変形する。

ff14

次元の狭間オメガ:アルファ編4 開放

ff14

次元の狭間オメガ:アルファ編4 攻略

ソーラレイ MTへの大ダメージ攻撃
プログラムアルファ 頭割りと範囲を仕掛けてくる。
レーザーシャワー 全体ダメージ攻撃

トランスフォーム

ff14

オメガF ボスが女性型に変身 ノックバック攻撃

ff14

オメガM ボスが男性型に変身 範囲攻撃

MがFをかばい、Fは無敵状態に。
M→Fの順で倒す。間に合わなかった場合全滅。

ガードプログラム
「Mに攻撃が効かないバフ」もしくは「Fに攻撃が効かないバフ」が付く。

レゾナンス
MとFが近いと攻撃力・防御力UPのバフが付く。タンクはボス同士を離す。



ff14

攻略後、イベント

オメガFが現れる。がっくりと崩れ落ちるF。

ff14

アルファが駆け寄る。慰めるように寄り添う。だが、オメガにはその意味は理解出来ない。戦う事のないアルファ、どうしてアルファが人間のような事をするのか、オメガにはその理由が理解出来ない。

ff14

「心、というものは、どれだけ戦っても得られるものじゃないんだ」

ff14

オメガが求めていた答えを、シドは語る。もし得る方法があるとすれば、アルファのように他者と寄り添うべきだったと。

ff14

「ココロ、それがミドガルズオルムやアタナがたにある、強さ・・」

自分には搭載されていない、未知の可能性。それがあれば、帰るべき場所にも、届いたかもしれないとオメガはいう。それは大いなる矛盾だとシドは言う。ひとりで帰ろうとしている道のりは、心ある者には耐え難いと。

ff14

オメガは消えていく・・オメガが消失し、この空間も消失しはじめる。

ff14

今度は逃れる術はない。そこに竜の咆哮が聞こえる。

ff14

フレースヴェルグ????

背中にはビッグスとウェッジがいる!!話は後だとビッグスが急かす。確かに逃げるのが先だ。ミドガルズオルムがフレースヴェルグを寄こしてくれたのだ。助かった!!

ff14

ミドガルズオルムはすべてを見通していた。フレーズヴェルグは、父から頼み事は初めてだという。それほどの脅威と因縁だったのだろうと竜はいう。それと向き合う私達への贖罪と感謝だと。

ff14

アルファはミドガルズオルムの眠りは続くのかと問う。さすが聖竜、アルファの鳴き声をちゃんと理解している。他の命には長く、竜にはつかの間の時間。だが、微睡ながらもミドガルズオルムはこの世界を見守っているのだと、フレーズヴェルグは答える。アルファは安心したようだ。

ff14

父は人の言葉で言えば愛情深いのだと、聖竜は語る。そうでなければ、7つの子のために星の大海を渡る事はしなかったであろうと。赤きたてがみすら燃え尽きるほどの苦難の旅の果てにたどり着いた、この青き星にもかけがえない想いがあるのだろうと。

ff14

シドと話すとクリア

七大天竜の出迎えがあろうとは、と驚くシド。そしてついに決着が着いた事を喜ぶ。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply