FC2ブログ
Welcome to my blog

ふわな

ふわな

14

アラミゴにたどり着いたマキシマ達は何を語るのか?

14

アリゼーからのオファー

アラミガン・クォーターで合流する事になる。

14

アラミゴ解放同盟軍の衛兵と話す(CV)

中に入るとマキシマ達がいた。疲れ果てた様子だった。ラウバーンとリセもいる。

14

マキシマは、永久焦土の上空で皇帝親衛軍に攻撃され不時着した事、「影の狩人」と名乗るアシエンと戦う者達に救われた事、たどり着いた属州で、マキシマは民衆派と合流したが、アルフィノは影の狩人達に着いていったと。そして粛清を逃れて、マキシマ達はアラミゴで保護された。

14

アルフィノの無事を知って安堵するアリゼー。

14

マキシマ達の話からも、帝国は確実にアラミゴへ攻めて来る。その兆候が各地にある。もはや迎え撃つ準備をする十分な時間はない。それでもやるだけに事はしなければならない。ラウバーンは各地に伝令を飛ばす。

14

こ、こんな時に・・・・ぐはw

あの声が頭を駆け巡る。だがアリゼーも私も耐える。

14

アリゼーと話す

アラミゴの危機をヒエン様に知らせねばならない。

14

帰燕館のヒエン様と話すとクリア

東方連合の話し合いは進展しているようだ。青龍壁と名付けられた防御フィールドも順調に進んでいるらしい。帝国の戦力が西方に狙いを定めているとはいえ、東方も気を抜いてはいられない。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply