Welcome to my blog

星の樹の下に生まれて

Article page

【FF14】対話の再開

FF14

竜詩戦争の終結のために、竜とヒトは再び・・・・

イシュガルド:下層 神殿騎士団本部(X:13 Y:11)のアルフィノからオファー

ルキアを特使として、ヴィゾーウニルとの対話を実現するために、高地ドラヴァニアへと導く旅へ。

FF14

高地ドラヴァニア(X:35 Y:24)のルキアと話す

レストエリアの外にいるので注意。

かつては完全なる敵地だった場所にいる事に、感慨深げなルキア。そういうアナタは元帝国のスパイ、敵地に潜入はお手の物だったのでは・・と突っ込みたくもなりますが。すっかりイシュガルド人になったつもりなのでしょう。しかしこのような特使として派遣する、信頼出来る人間が生粋のイシュガルド人にはおらず、ルキアに頼まねばならないという所が、アイメリク様の国内での基盤の弱さを物語っているような気もするのですよね。神殿騎士団にも、今も彼を快く思っていない勢力が残っているのでは。

FF14

アイメリク様に恋人が出来たら、絶対に裏切りそう(^^;

FF14

高地ドラヴァニア 不浄の三塔(X:16 Y:23)ヴィゾーヴニルと話す

塔の2階にいるヴィゾーヴニル。ルキアは戦いを望まぬ竜もいるという事実を民に知ってもらうために、ヴィゾーヴニルに皇都に来て欲しいと頼む。その上で竜と人の対話が再開を宣言したいと。イゼルの思いを知るヴィゾーヴニルは、前向きな態度を示すが、まずは父祖である聖竜フレースヴェルグに相談しなければならないという。近頃、グナース族の動きが再び活発になっており、若い鱗の柔らかい竜が犠牲になっている、そのために棲処から離れるのが難しいという。

FF14

アルフィノと話すとクリア

ルキアはイシュガルドへ戻り、私達は新しい助っ人を出迎えにイディルシャイアへ向かう事に。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


Category - FF14 メインクエスト・光と闇の境界

FF14 FFXIV チョコボ 新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジー FF FINALFANTASY ファイナルファンタジーXIV

0 Comments

Post a comment