FC2ブログ
Welcome to my blog

ふわな

ふわな

14

クリスタリウムについて知る試み

14

水晶公からオファー

まずはこの世界の実情を知って欲しいので「この世界についての話題」を集めて来て欲しいと頼まれる。

14

選択肢は・・・

完全に理解しましたぁああw

ひとつだけ注意をされる。身元を問われた時は、水晶公の同郷人と答えるようにと。それで余計な詮索はされなくなると。

14

クリスタリウムのエーテライトと交感

原初世界へもテレポ可能になる。

14

ミーン工芸館のカットリスと話す

ここはクリスタリウムの製造業の中心。物づくりとする事で生活を支えている。この街は水晶公の張る障壁でいくらか安全なのだそうだ。ユールモアの街のように贅沢三昧とはいかないという。他にもまだ街があるのね。

出身を聞かれるが、教えられたとおりに答えるとそれ以上は聞かれない。クリスタルタワーも水晶公が喚び出したものだという。「光の氾濫」住む場所を追われた人々がクリスタルタワーのふもと集まった。塔の中から発見される不思議な道具の助けも借りながら、この街は発展した。何十年経っても水晶公の外見は変わっていないらしい。

14

博物陳列館のモーレンと話す

ここは書物を蒐集し保管する場所。司書のモーレンは本や書類などを欲しがっている。「光の氾濫」で失われた知識を少しでも留めておきたいと。

この世界の事が知りたいというと、児童向けの本(?)を持って来てくれる。

14

絵本で見る第一世界。「光の戦士」と呼ばれる大罪人が世界の闇を司る「影の王」を倒し、世界は光に呑み込まれそうになった。

14

巫女は迫りくる光の波をとめ、光の氾濫を収束させた。こうしてノルヴランドだけが消滅せずに残った。・・
この巫女は・・ミンフィリア?

14

しかし悲劇は終わらなかった。「罪喰い」がやって来た。罪喰いは人類を喰らい、脅かし続けている。

14

ムジカ・ユニバーサリスのブラギと話す

ブラギはムジカ・ユニバーサリスと呼ばれる市場の市場長。ドラン族の装備も取り扱っているという。この世界ではアウラ族はドラン族と呼ばれているらしい。

14

アウラはドラン族
ヒューランはヒュム族
ルガディンはガルジェント族
エレゼンはエルフ族、そのまんまですねw

そしてズン族・・・ヒュムやガル、エル等は、FF11に名称を寄せている感じ?雑多なFFの集合体というFF14の特徴がそのまま出ているという感じ。クリタワ自体がそうですけれどね。出身を聞かれるが、教えられたとおりに答えるとそれ以上は聞かれない。

14

エクセドラ大広場付近の水晶公に話題を提示するとクリア

クリスタルタワーは原初世界から召喚したらしいのですが、そのあたりは追々判明するでしょう。

にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply