FC2ブログ
Welcome to my blog

ふわな

ふわな

14

ロールクエスト開放、そして両雄の邂逅。

14

水晶公からオファー

村人は無事にクリスタリウムに保護された。皆、空の変化と伝承の闇の戦士の出現が気になっている様子。水晶公は私が「闇の戦士」である事を内密にして欲しいという。空の変化に加えて闇の戦士が現実だとしたら、収拾のつかない事態になるかも知れないと。ライナにも口止めする。アルフィノもユールモアの動く可能性を考えて、その方がいいという。相手の出方を見るまでは、名乗るべきではないと。

14

村人の救出のために残るライナから、ムジカ・ユニバーサリスの市場長の「ブラギ」に薬を医療館に回すように伝えて欲しいと頼まれる。

14

アリゼーも残るという。罪喰いの中に「知った顔」がいたという。そしてひとりになりたいと。いましたね、テスリーンが罪喰いとなってしまった姿。

14

クリスタリウムのアルフィノと話す

街は落ち着いているようだ。アルフィノからちゃんと休むように言われる。子供に心配されている闇の戦士様です。

14

ブラギと話す

ライナからの伝言を伝える。「彷徨う階段亭」の店主「グリナード」と話すように言われる。

14

グリナードと話す

クリスタリウム自治組織「セツルメント」では、はぐれ罪喰いに懸賞金をかけているのだという。この酒場は賞金稼ぎが集まる情報交換の場所でもあるそうだ。特にはぐれ罪喰いでも悪名高い「四使徒」を狙う者達は、今回の大罪喰い討伐に大いに刺激を受けているらしい。

14

3年前に突如として現れた四使徒は、光の氾濫を引き起こした者たちとそっくりな姿をしているという。まさか・・アルバートの仲間たちの遺体が罪喰いになったのだろうか。

14

ヒュム族の剣士「グランソン」は憎しみゆえに罪喰いを狩る復讐者。目的の使徒を倒すために、屈強な戦士を探しているという。

14

ミステル族の「ルー・リーク」は次に組む相手を探してる。

14

弓を背負った「ケリッグ」は魔法に詳しい人を紹介して欲しいそうだ。

14

ドワーフ族の「ジオット」は癒し手を募集中。

14

ロールクエスト開放

タンク、ファイター系DPS、ソーサラー系DPS、ヒーラーで分かれている。メインクエストを最後まで進めるためには、いずれかのロールクエストを進める必要がある。

14

ペンダント居住館の管理人と話すとクリア

窓の外には”本物の夜”が広がっている。アルバートが現われる。今度は私が「闇の戦士」と呼ばれる皮肉を笑う。彼は全部見ていた、大罪喰いの討伐も。居ましたね。そして白い双子を護ってやれという。誰かを救おうと突き進むほど、自分にとって大事な何かを失うものだと。


14

夜の空にそびえ立つクリスタルタワーを見上げる白衣の少女。彼女は誰に会いにいくのだろう。



一方、帝国属州の魔導工場では・・・


14

エスティニアンが施設への潜入に成功した模様。

14

そこで鉢合わせしたのは、ガイウス。互いに誰であるか、即座に判ったようだ。エスティニアンが「暁」に依頼されて動いていると聞いてのガイウスの反応、ガイウスはアルフィノの事を気にかけている模様。

エスティニアンは、タタルさんのスパイ顔負けの情報網とクルル先輩にエーテルを追跡されて、居場所を知られてしまったそうだ。さすがタタルさんとクルル先輩、エスティニアンと言えどもかなわないようですよ。そして潜入を依頼されたという。

14

ガイウスは「黒薔薇」について教えてくれる。毒というより魔法なのだという。あらゆる生物が有する生命エネルギー、エーテルの循環を強制的に停止させるもの。ごく少数でも吸い込めば、体の循環が停滞、毒に侵されたかのように死に至る。都市に散布すれば、いっさいの破壊をすることなく住民を抹殺出来る兵器。

そのような兵器で征服した所で、何になるとガイウス。彼は陛下の臣民となる人間はなるべく無事に確保する主義でしたものね。だから「黒薔薇」を破棄した。なのにその陛下自身が「黒薔薇」を再開発させているとは、やるせないでしょう。

ヴァリスが「黒薔薇」を求める理由。まさかアシエン?彼らもエーテルとは無関係ではいられない。ラハブレアもエーテルを吸い込むトールダンの剣に消滅させられた事を思えば。「黒薔薇」を使ってアシエンを滅し、帝国を名実ともに本来の支配者たる自分の支配下にしようとしているのか。アシエンがそんな企みに気づかないとも思えませんが。そのあたり、ヴァリスとアシエンの駆け引きがどうなっているのか知りたい所。

14

ガイウスはエスティニアンに手を組まないかと誘う。帝都「ガレマルド」の魔導城へ行って、真実を知るために。一匹狼を好むエスティニアンですが、そこは歴戦の兵(つわもの)、ひとりで出来る事と複数の方がイイ事はちゃんと区別出来る人ですよね。

部外者の侵入を知って兵士達がやって来る。まずはこの場所を無事に抜け出さねば。話はそれからという状況。


にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply