FC2ブログ
Welcome to my blog

ふわな

ふわな

14

テンペストを往くと、突然目の前に現れる風景。

エメトセルクの魔力が造り出した、想い出の都市。彼の帰りたい場所。

厭だ厭だと言いながら、彼がアシエンとしての役目を長年務めて来たのは、何時かはここに居た懐かしい人々が戻って来る事を願っていたから。でも、原初世界の人々の命を捧げて彼らが戻って来たとしても、ソディアークは命を喰う蛮神、その後も命を捧げ続けなければならないとしたら・・・

これほどに空しい徒労はないと思うのですが・・・それでも、捨てきれなかった想いの名残。

にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply